WordPressテーマ、プラグインや使用サーバーを調べるツール「WP-Search」

Diverを使ったサイト事例集【コーポレートサイト、ブログメディア】

この記事では、WordPress有料テーマ「Diver」を使ったサイトの探し方をご紹介します。

Diver(ダイバー)」でどんなサイトができるのか、デザインの参考にできるサイトを見つけましょう。

Diverを使ったコーポレートサイト(企業サイト)ブログメディアは、事例集やGoogle検索からが参考になります。

suya

コーポレートサイトの利用も多いようです。

なるほどくん

なるほど!ブログだけじゃないんですね。

この記事でできること
  • Diverを使ったサイトを見つけられる
  • コーポレートサイトブログメディアを見つけられる
  • 使用しているプラグインもわかる
この記事を書いた人

suya

  • 「WP-Search」開発者
  • マーケターエンジニア
  • Webで月1億円を売り上げる
  • セキュリティの専門家(国家資格
  • 「WP-Search」開発者
  • マーケターエンジニア
  • Webで月1億円を売り上げる
  • セキュリティ国家資格

この記事を最後まで読めば、「Diver(ダイバー)」を使ったサイトがすぐに見つかります。

ぜひ最後まで進めてみてください。

目次

1) Diverの公式サイトを確認

Diverの公式サイトには、デモサイト集が準備されていません。

確認するとしたら、公式サイト自体かデモサイト1つになります。

Diver公式サイト

どんなデザインができるかは、有料テーマ購入の大きなポイントです。

Diverを使ったサイトをたくさん見たい場合は、以下を参考にしてください。

2) 「WP-Search」でDiver事例集を確認

WordPressのサイト解析サービス「WP-Search」では、テーマやプラグインごとのサイト・ブログの事例集を確認できます。

URLからWordPressサイトのサーバー、テーマ、プラグインを調べる確認ツールとしても利用できます。

そのため、みんなが「このサイトのテーマは何だろう?」と気になって検索したサイトが集まっています。

以下のボタンから確認できます。

\ みんなが検索しているサイト・ブログ /


コーポレートサイトブログメディアに自動的に分類されているので、サイトを簡単に見つけることができます。

WordPress(ワードプレス)サイトのサーバー/テーマ/プラグインを解析して分類するWebサービスです。

3)Diverのエラーメッセージを検索

WordPress(ワードプレス)では、デザインテーマは以下のURLに保管されています。

https://ドメイン名/wp-content/themes/diver/

サイトが「Fatal error」「Warning」「Notice」などのエラーを表示することがあるため、これを検索します。

以下のボタンから検索できます。

\ Googleで検索 /

エラーメッセージを拾ってきているので、それだけ手の込んだサイトも見つかります。

4) Diverを使ったコーポレートサイトの例

Diverサイト型デザイン(ホームページ型デザイン)の参考にしてください。

5) Diverを使ったブログメディアの例

Diverブログ型デザイン(メディア型デザイン)の参考にしてください。

参考)使用しているテーマ・プラグインを確認

テーマ・プラグインがわかるサイト「WP-Search」

事例集としても紹介しましたが、「WP-Search」では使用しているテーマだけでなく、プラグインも調べることができます。

以下のボタンからアクセスして、気になるサイト・ブログをURLで検索してみましょう。

\ URL検索で /

6) Diverを始める

デザインのイメージができたら、「Diver」を始めてみましょう。

以下のボタンからダウンロードできます。

\ きれいなデザイン /

この記事のまとめ

Diver(ダイバー)」の公式サイトには、デモサイト集がありません。

Diverを使ったサイト・ブログの事例集は「WP-Search」で確認しましょう。

なるほどくん

Diverってきれいなデザインになりますね。

デザインを人に頼みたいなら、「ココナラ(coconala)」でプロにお任せしましょう。

以下のボタンから、Diverカスタマイズを検索できます。

\ 無料登録 /

アクセス・集客を増やす方法

実体験を元に、アクセスアップや集客に効果のあった施策をまとめました。

ドメインパワーUPでSEOに効く被リンク獲得リスト

被リンクというと、ブラックなやり方を想像される方が多いかもしれません。

しかし、多くのサイトを分析してみると、みんな使っている登録サイトが存在することがわかりました。

ドメインパワーがSEOに重要な地位を占める現状では、自然なホワイトリンクの獲得戦略が欠かせません。

実際に既存サイトでも大きな効果を上げることができたので、ここでご紹介したいと思います。

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる