MENU
WP-Search
WP-Search
SEOキーワードツール
SEOキーワードツール
note
WP-Search

【割引】WordPressテーマ「SANGO」を安く買う方法を実演【ConoHa WING】

この記事ではWordPressテーマ「SANGO」を安く購入する方法をご紹介します。

実は、SANGOはレンタルサーバー「ConoHa WING」で購入すると800円引きで購入することができます。

は、ブログを始めたい初心者におすすめです。

suya

SANGO購入後の始め方も解説しています。

なるほどくん

なるほど!参考にします。

この記事を最後まで読めば、レンタルサーバー「ConoHa WING」でSANGOの割引購入がすぐに完了します。

ぜひ最後まで進めてみてください。

完了している必要のある事前準備

すでに途中まで進めている人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

\ ブログ初心者向け /

目次

WordPressかんたんセットアップで簡単インストール

WordPressかんたんセットアップは、サーバーの申し込み(登録)と同時に、WordPressのインストールが完了するサービスです。

WordPressテーマのインストール・有効化も完了するので、いきなり記事を書くこともできます。

STEP
公式サイトで申し込む(契約)
STEP
WordPressかんたんセットアップで自動インストール

ブログ・サイトをすぐ開始

ここから、具体的な作業が始まります。(画面は基本的にPC版です。)

1) 公式サイトにアクセス

ConoHa WINGの公式サイトにアクセスします。

[今すぐアカウント登録]、または右上の[お申し込み]ボタンをクリックします。

「ConoHa WING」のお申し込みを開始
[今すぐアカウント登録]、[お申し込み]をクリック

2) ConoHaアカウントを入力

[メールアドレス][パスワード]を入力して[次へ]をクリックします。

「ConoHa WING」の新規申し込み
[メールアドレス]と[パスワード]を入力して[次へ]

3) ConoHa WINGの申し込み内容を入力

契約期間は[12ヶ月]、プランは[ベーシック]を選択し、[初期ドメイン][サーバー名]を入力します。

「ConoHa WING」の申し込み画面(プラン選択)
プランを選択
12ヶ月以上の契約がおすすめの理由
  • キャンペーンの対象は12ヶ月以上から
  • 契約期間が長いほうが安くなる
  • サーバーと一緒に使う独自ドメインが1年単位の契約しかできない
  • SEOなどの効果でPVが増えてくるまでに、最低でも3〜6ヶ月以上かかる
  • 記事を書く前に、サイト・ブログのデザインや設定などの準備にさらに時間がかかる

初期ドメインは無料のサブドメイン「サーバーID.conohawing.com」になります。

独自ドメインを使用する場合でも、初期ドメインが払い出されます。

サーバー名はなんでもかまいません。

WordPressかんたんセットアップを[利用する]、セットアップ方法は[新規インストール]にします。

「ConoHa WING」の申し込み画面(かんたんセットアップ)
WordPressかんたんセットアップ

取得したいドメイン名で[検索]して、「このドメインは取得できます。」と表示されたら問題ありません。

「ConoHa WING」の申し込み画面(ドメイン取得可能)
このドメインは取得できます。

「このWordPress作成用ドメインはすでに使用されています。他のドメイン名を入力してください。」と表示されたらドメイン名を変更する必要があります。

「ConoHa WING」の申し込み画面(ドメイン取得不可)
このWordPress作成用ドメインはすでに使用されています。

ConoHa WINGでは、無料独自ドメインが提供されているため、ドメイン登録料やドメイン更新料がかかりません

ドメイン名(ブログURL)がまだ決まっていない場合は、以下を参考にしてください。

[作成サイト名][WordPressユーザー名][WordPressパスワード]を入力します。

設定項目説明
作成サイト名サイトタイトル
→ 検索されやすいわかりやすいタイトル
WordPressユーザー名管理者ログインID
→ 推測しにくいもの
WordPressパスワード管理者パスワード
→ 複雑なもの

サイトのタイトルは後で簡単に変更できるので、ここは仮でも大丈夫です。

[WordPressテーマ][SANGO]を選択して[次へ]をクリックします。

「ConoHa WING」の申し込み画面(SANGO)
[SANGO]を選択

4) ConoHaアカウントのユーザー情報を入力

ConoHaアカウントを作るためのお客様情報を入力します。

入力が完了したら[次へ]をクリックします。

「ConoHa WING」のアカウント登録
ユーザー情報を入力

電話番号の認証を行うため、[SMS認証]をクリックします。

「ConoHa WING」のアカウント登録(SMS認証)
[同意]して[次へ進む]

携帯電話番号ではなく固定電話番号を入力した場合は、[電話認証]を行います。

携帯電話にメッセージが届くので、[認証コード]を入力して[送信]をクリックします。

「シン・レンタルサーバー」のアカウント登録(認証コード入力)
[認証コード]を送信

5) 支払い方法を入力して申し込む

クレジットカード情報を入力します。

「ConoHa WING」の支払い方法(クレジットカード)
クレジットカード情報を入力

入力内容を確認して[お申し込み]をクリックします。

「ConoHa WING」の申し込み内容確認(申し込む)
[お申し込み]をクリック

注文処理やWordPressインストールなどが完了したら、メールがいくつか届きます。

メールタイトル説明
[ConoHa] ご登録ありがとうございますアカウント登録完了通知
[ConoHa] ご利用料金のお支払いを確認しました支払金額などの控え
[ConoHa]ドメイン取得完了いたしました独自ドメインの取得完了通知

メールが届かない場合は、「迷惑メール」フォルダに自動的に振り分けられている可能性があります。

携帯メールアドレスを登録している場合、Gmailなどに変更するか、PCメールを許可する必要があります。

サーバー申し込みと同時に、WordPress(ワードプレス)のインストールまで完了しています。

さらに、少し時間がかかりますが、無料SSL(https)も自動設定されます。

suya

この手軽さが、WordPressかんたんセットアップの大きなメリットです。

6) 独自SSL設定の確認と完了

WordPressかんたんセットアップの直後では、まだSSL設定が完了していません。

ConoHaコントロールパネルの左メニューから[サーバー管理][ドメイン]と進むと、独自SSLが「設定中」となっています。

「ConoHa WING」のSSL設定(設定中)
独自SSL「設定中」

利用中」に変わるまで待つ必要があります。

1時間〜最大24時間程度だと思っておきましょう。

「ConoHa WING」のSSL設定(利用中)
独自SSL「利用中」

独自SSLが「利用中」に変わったら、[サイト管理][サイト設定]からWordPressの[かんたんSSL化]を実行しておきましょう。

「ConoHa WING」のSSL設定(かんたんSSL化)
WordPressのかんたんSSL化

WordPress設定の[WordPress アドレス (URL)][サイトアドレス (URL)]をSSL化(http://からhttps://に変更)してくれます。

参考) WordPressテーマをダウンロード

購入したWordPressテーマは、ダウンロードして利用することもできます。

[サイト管理][サイト設定]から[WordPressテーマ]タブを選択します。

購入済みのWordPressテーマが表示されるので、[テーマ名]をクリックして親テーマデータ・子テーマデータを[ダウンロード]します。

「ConoHa WING」のWordPressテーマのダウンロード
WordPressテーマをダウンロード

Download.zip」がダウンロードできます。

zipファイルは、解凍せずにそのまま使用します。ブラウザによっては、zipファイルが自動的に解凍されてしまいます。その場合は、改めてzipファイルに圧縮する必要があります。

SANGOのインストール後に最初にやること

SANGO Landに登録

SANGOには、ブロックパターンをコピペできる「SANGO Land」というサイトがあります。

公式フォーラムも同じサイトにあるので、必ず登録しておきましょう。

SANGO Land

WordPressテーマ「SANGO」の登録・ログイン
SANGO Land

必要なプラグインを導入(インストール)

SANGOには推奨プラグインがあります。

「XO Security」や「SiteGuard WP Plugin」などのセキュリティプラグインも必須です。

WordPressで最初にインストールするプラグインは以下をご覧ください。

WordPress初期設定を行う

デザインテーマを導入したら、WordPress(ワードプレス)の初期設定を行います。

最初にすぐやっておかないと、後戻りができないため後悔する項目ばかりです。

Google アナリティクス・サーチコンソールの設定を行う

Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールの設定がまだの人は、必ず設定しておきましょう。

Googleサーチコンソールに登録するXMLサイトマップについても解説しています。

この記事のまとめ

ステップに分けて、レンタルサーバー「ConoHa WING」でWordPressテーマ「SANGO」を安く買う方法を見てきました。

他のテーマも安く購入することができるので、ConoHa WINGはお得にブログを始められます。

なるほどくん

意外と簡単でした。

読者の声を紹介させてください

この記事をご紹介いただいた方がいらっしゃいましたら、読者の声として掲載させていただきます。

ぜひご連絡いただければと思います。

  • 当サイトで紹介した商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されることがあります。(消費者庁資料
  • 当サイトで掲載しているコンテンツは独自のものであり、広告主は一切関与していません。(コンテンツポリシー
この記事が役に立ったらご紹介ください!

コメント

コメントする

目次