アナリティクスとサーチコンソールを一気に設定するやり方【SWELL、SEO SIMPLE PACK】

この記事では、「アナリティクス」と「サーチコンソール」をWordPressに導入する方法を、画像を用いてわかりやすくご紹介します。

アナリティクス」と「サーチコンソール」の2つを連携させるには、登録する順番にコツがあります。

トラッキングコードと認証コードの2つのコードは、プラグインで簡単に設定しましょう。

suya

アクセス解析と検索エンジンを連携させましょう。

なるほどくん

なるほど!2 つを連携できるんですね。

この記事でできること
  • Googleアナリティクスに登録できる
  • Googleサーチコンソールに登録できる
  • GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールを連携できる
  • サイトマップを設定できる(プラグイン「XML Sitemaps」)
この記事を書いた人

suya

  • 前職は大手IT企業
  • マーケターエンジニアの両方を経験
  • 月1億円のWeb売上
  • セキュリティの専門家(国家資格
  • 前職は大手IT企業
  • マーケターエンジニア
  • 月1億円のWeb売上
  • セキュリティ国家資格

この記事を最後まで読めば、WordPress(ワードプレス)で「Googleアナリティクス」と「Googleサーチコンソール」の導入がすぐ完了します。

ぜひ最後まで進めてみてください。

すでに途中まで進めている人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

目次

アナリティクスとサーチコンソールを導入する流れ

まずは全体の流れをステップに分けて見ていきましょう。

STEP
Google アナリティクスに登録
  • GmailGoogle アカウント)が必要
  • WordPressにトラッキングコードを設定
STEP
Google サーチコンソールに登録
  • Googleアナリティクスを設定済みならほぼ自動
  • 参考)WordPressに認証コード(HTMLタグ)を設定
STEP
Google アナリティクスとサーチコンソールを連携
  • Googleアナリティクスの「URL プレフィックス」認証が前提
STEP
Google サーチコンソールでサイトマップ設定
  • プラグイン「XML Sitemaps」をインストール・有効化
  • 3つをサイトマップに設定

大体の流れをつかんだら、あとは手順に従って作業を進めていくだけです。

ここから、具体的な作業が始まります。(画面は基本的にPC版です。)

事前)Gmail(Googleアカウント)の作成

Googleサービスの利用には、Googleアカウントが必要になります。

Gmail(Gメール)アドレスを持っていない人は、以下のページを参考にアカウントを作成してください。

1) Google アナリティクスに登録

Google アナリティクスに新規登録する方法

以下のリンクから、Google アナリティクス(Google Analytics)の公式サイトにアクセスします。

Google アナリティクス(Google Analytics)

\ 登録開始 /

Googleログイン画面が表示された場合は、Googleアカウントでログインしてください。

複数のGoogleアカウントを持っている場合は、右上のアイコンから登録したいアカウントに切り替えてください。

以下の画面が表示されたら、[測定を開始]ボタンをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録を開始
[測定を開始]をクリック

アカウント名を入力して[次へ]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(アカウントの設定)
アカウント名を入力して[次へ]をクリック

アカウント名は、まとめて管理したい事業の名称です。

  • 法人企業であれば、会社名や部署名などを設定します。
  • 個人副業であれば、サイト名やドメイン名などを設定します。

プロパティ名、タイムゾーン、通貨を設定して[詳細オプションを表示]します。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(プロパティの設定)
プロパティ名、タイムゾーン、通貨を設定して[詳細オプションを表示]

プロパティ名は、一つ一つのサイトの名称です。

  • 法人企業であれば、コーポレートサイトやECサイトなどのサイト名やドメイン名を登録します。
  • 個人副業であれば、ブログやポートフォリオサイトなどのサイト名やドメイン名を登録します。

[ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成]のトグルをONにして、各項目を設定して[次へ]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成)
[ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成]をON

業種、ビジネスの規模、利用目的を選択して[作成]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(ビジネス情報)
業種、ビジネスの規模、利用目的を選択

同意画面で[日本]を選択し、チェックして[同意する]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(利用規約)
[同意する]をクリック

メール配信の設定画面が開いたら、[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(メール配信設定)
自分のメール配信

UAのアカウント作成が完了したら、トラッキングコード(トラッキング ID)をコピーしておきます。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録を完了(トラッキングID)
トラッキング IDをコピー

WordPressでトラッキングコードを設定する方法

ここでは、プラグイン「SEO SIMPLE PACK」で、Googleアナリティクストラッキングコードを設定する方法を解説します。

左メニューの[SEO PACK][一般設定])をクリックして、設定画面の[Googleアナリティクス]タブを開きます。

コピーしておいたトラッキングコード(トラッキングID)をペーストして[設定を保存する]をクリックします。

WordPressプラグイン「SEO SIMPLE PACK」のGoogleアナリティクス設定(トラッキングID)
コピーしておいたトラッキングコード(トラッキングID)を設定

Google アナリティクスの最低限必要な初期設定

Googleアナリティクスにアクセスしたら、左メニューの[管理]から[プロパティ設定]を開きます。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定を開始
[管理]から[プロパティ設定]を開く

ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をONにして[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定(ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化)
「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をON

これで、ユーザー属性(年齢、性別)やインタレスト情報(興味、購買意向)が確認できるようになります。

左メニューの[管理]から[ビューの設定]を開きます。

Google Analytics(アナリティクス)のビュー設定を開始
[管理]から[ビューの設定]を開く

サイト内検索を設定して[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のビュー設定(デフォルトのページ、サイト内検索)
サイト内検索を設定

これで、サイト内検索のキーワードも追跡(トラッキング)できるようになります。

以上で、Googleアナリティクス(Google Analytics)の初期設定は完了です。

2) Google サーチコンソールに登録

Google サーチコンソールに新規登録する方法

以下のリンクから、Google サーチコンソール(Google Search Console)の公式サイトにアクセスします。

Google サーチコンソール(Google Search Console)

\ 登録開始 /

Googleログイン画面が表示された場合は、Googleアカウントでログインしてください。

複数のGoogleアカウントを持っている場合は、右上のアイコンから登録したいアカウントに切り替えてください。

以下の画面が表示されたら、[今すぐ開始]をクリックします。

Google Search Console(サーチコンソール)のアカウント登録を開始
[今すぐ開始]をクリック

URL プレフィックス」でURLを入力して[続行]をクリックします。

Google Search Console(サーチコンソール)のアカウント登録(URLプレフィックス)
「URL プレフィックス」でURLを入力

先にGoogleアナリティクス(Google Analytics)を登録しておくことで、自動的にサイトの所有権確認が完了します。

[プロパティに移動]をクリックします。

Google Search Console(サーチコンソール)のアカウント登録(Googleアナリティクスで所有権確認)
サイト所有権確認を自動確認

Googleサーチコンソール(Google Search Console)に登録が完了します。

Google Search Console(サーチコンソール)のアカウント登録を完了
Googleサーチコンソール(Google Search Console)にログイン

「データを処理しています。1 日後にもう一度ご確認ください」と表示され、すぐに検索データを確認することはできません。

3) Google アナリティクスとサーチコンソールの連携

GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールを連携(関連付け)することで、Googleアナリティクスで検索キーワード(クエリ)を確認できるようになります。

1Google アナリティクスとサーチコンソールを連携する方法

Googleアナリティクスにアクセスしたら、左メニューの[管理]から[プロパティ設定]を開きます。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定を開始
[管理]から[プロパティ設定]を開く

[Search Console を調整]ボタンをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定(Search Consoleを調整)
[Search Console を調整]をクリック

Search Console のサイト[追加]リンクをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定(Search Consoleを追加)
[追加]をクリック

画面が切り替わったら、連携(関連付け)したいGoogleサーチコンソールのプロパティを選択します。

Google Search Console(サーチコンソール)の関連付けるプロパティを選択(連携)
Googleサーチコンソールのプロパティを選択

連携(関連付け)したいGoogleアナリティクスのプロパティを選択して[続行]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)の関連付けるプロパティを選択(連携)
Googleアナリティクスのプロパティを選択

データ共有を許可するため、[関連付ける]をクリックします。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの関連付け(連携)を実行
[関連付ける]をクリック

関連付けられているサービスで「Google Analytics」と表示されたら、動作確認が完了です。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの関連付け(連携)を完了
関連付けられているサービスで「Google Analytics」と表示

以上で、GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの連携(関連付け)は完了です。

4) Googleサーチコンソールのサイトマップ設定

Google検索(グーグル検索)にうまくインデックス(登録)させるには、Googleサーチコンソールサイトマップを設定する必要があります。

プラグイン「XML Sitemaps」をインストール・有効化する方法

まず、WordPress(ワードプレス)XMLサイトマップを作成するために、プラグイン「XML Sitemaps」をインストール・有効化します。

suya

XML Sitemaps」は、多くのサイトで利用されているプラグインです。

WordPress(ワードプレス)にログインしたら、左メニューの[プラグイン][新規追加]をクリックして、[プラグインの検索]をします。

WordPress(ワードプレス)のプラグインを検索して新規追加
[プラグイン]→[新規追加]から、[プラグインの検索]

XML Sitemaps  Auctollo」を検索して、[今すぐインストール]した後に[有効化]します。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」のインストール
「XML Sitemaps」をインストール・有効化

旧名称の「Google XML Sitemaps」では、検索結果に出てきません。

新名称の「XML Sitemaps」では、検索結果が多すぎて、探すのに苦労します。

そのため、プラグインの作者名である「Auctollo」と一緒に検索します。

以上で、XMLサイトマッププラグイン「XML Sitemaps」のインストール・有効化は完了です。

プラグイン「XML Sitemaps」を設定する方法

左メニューの[設定][XML-Sitemap]をクリックして、サイトマップ設定画面を開きます。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定を開始
[設定]→[XML-Sitemap]をクリック

基本的な設定で、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックをOFFにします。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(基本的な設定)
「HTML形式でのサイトマップを含める」をOFF

投稿の優先順位で、「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(投稿の優先順位)
「優先順位を自動的に計算しない」を選択

コメントが多い投稿ページが、検索してほしいページとは限りません。

Sitemap コンテンツで、「カテゴリーページを含める」と「タグページを含める」のチェックをONにします。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(SItemapコンテンツ)
「カテゴリーページを含める」と「タグページを含める」をON

チェックしないと、カテゴリーページタグページが検索結果に表示されなくなります。

カスタム投稿タイプが表示されている場合、それもチェックすることをおすすめします。

Excluded Itemsでは、特に設定不要です。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(Excluded items)
設定不要

検索結果に表示させたくない(インデックスさせたくない)カテゴリーや記事があれば、ここで設定できます。

Change Frequenciesで、検索エンジンのクロール間隔を、以下のように設定します。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(Change Frequencies)
クロール間隔を設定

SEO(検索エンジン最適化)を考慮していますが、検索エンジンがこの通りにクロールしてくれるわけではありません。

優先順位の設定で、検索エンジンのクロール優先順位を、以下のように設定します。

WordPressプラグイン「XML Sitemaps」の設定(優先順位の設定)
クロール優先順位を設定

最後に[設定を更新]をクリックします。

以上で、XMLサイトマッププラグイン「XML Sitemaps」の設定は完了です。

Googleサーチコンソールでサイトマップを追加する方法

Googleサーチコンソールにアクセスしたら、左メニューの[サイトマップ]から「サイトマップのURLを入力」して[送信]をクリックします。

Google Search Console(サーチコンソール)のサイトマップ設定を開始
「サイトマップのURLを入力」して[送信]

サイトマップは、以下の3つを登録するようにしてください。

ファイル名説明
sitemap.xml作成されるXMLサイトマップ
sitemap.xml.gz圧縮されたXMLサイトマップ
feedRSSフィード

以下のように、3つのサイトマップのステータスが「成功しました」と表示されたら、動作確認が完了です。

Google Search Console(サーチコンソール)のサイトマップ設定を完了
「成功しました」と表示

以上で、Googleサーチコンソール(Google Search Console)のサイトマップ設定は完了です。

この記事のまとめ

必須2つのGoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの導入のやり方を見てきました。

これで、サイト(ブログ)の検索結果やアクセス数を確認・改善する準備ができました。

なるほどくん

意外と簡単にできました。

Googleアナリティクス(Google Analytics)を利用する場合、プライバシーポリシーにCookie(クッキー)の使用を明記する必要があります。

WordPress(ワードプレス)で最初のページ(プライバシーポリシー)を作成するために、次のステップに進みましょう。

よくある質問(FAQ)

Googleアナリティクスに登録しないとどうなりますか?

アクセス解析ツールを導入しないと、サイトのアクセス数(ユーザー数、PV数など)が確認できません。

どの記事がどのくらいアクセスがあるかわからない状態では、ユーザーに合わせたコンテンツは制作できません。

Googleサーチコンソールに登録しないとどうなりますか?

検索エンジンのウェブマスターツールに登録しないと、検索表示数や検索クリック数が確認できません。

どんなキーワードで検索されて、どれくらいクリックされているかわからない状態では、

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携しないとどうなりますか?

連携(関連付け)をしないと、Googleアナリティクスで検索キーワード(クエリ)を確認できません。

毎回2つの画面を確認することになるため、連携(関連付け)することをおすすめします。

Googleアナリティクスのアカウント名とプロパティ名は何を設定すればいいですか?(法人企業の場合)

アカウント名は事業の名称で、プロパティ名はサイトの名称です。

法人や企業であれば、アカウント名は会社名や部署名、事業名や商品名などが当てはまります。

プロパティ名は事業に属するサイト名やドメイン名を設定します。

Googleアナリティクスのアカウント名とプロパティ名は何を設定すればいいですか?(個人副業の場合)

個人の副業や個人事業主であれば、「事業=サイト」であることも多いでしょう。

その場合は、「アカウント名=プロパティ名」として、サイト名(ドメイン名)を設定します。

「Google アナリティクス 4(GA4)」と「ユニバーサル アナリティクス(UA)」はどちらがおすすめですか?

Google アナリティクス 4(GA4)」は新バージョン、「ユニバーサル アナリティクス(UA)」は旧バージョンです。

GA4はまだ一般的ではなく、実績もないため、ネット上に情報も豊富なUAをおすすめします。

両方利用することもできますが、画面が2つに分かれて見方も異なるため、どうせ2つも見なくなります。

Googleアナリティクスを設定したのに、リアルタイムユーザーが「0」のままなのはなぜですか?

PCブラウザからアクセスした場合、管理者ユーザーのアクセスが除外されることがあります。

WordPress管理画面を操作しているのとは別のデバイス(スマホなど)からアクセスしてみてください。

Googleアナリティクスでサイト内検索のキーワードが確認できないのはなぜですか?

サイト内検索のキーワードを集計するには、クエリパラメータを設定する必要があります。

WordPress(ワードプレス)クエリパラメータは、「s」となっています。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携できないのはなぜですか?

Googleサーチコンソールで「ドメイン」で認証(所有権確認)をしている場合、Googleアナリティクスと連携することはできません。

URL プレフィックス」で認証(所有権確認)するようにしてください。

プラグイン「XML Sitemaps」を検索しても見つからないのはなぜですか?

XML Sitemaps」は、以前は「Google XML Sitemaps」という名前でした。

現在の名前は「XML Sitemaps」ですが、あまりに一般的すぎて多くのプラグインが検索にヒットします。

そのため、プラグインの作者名である「Auctollo」と一緒に検索するのをおすすめします。

Googleサーチコンソールにサイトマップを登録するのはなぜですか?

検索エンジンのクローラ(ロボット)は、リンクを辿ることで新しいページを発見(インデックス)していきます。

XMLサイトマップを登録しておけば、新たに追加したページをすぐに見つけてもらえます。

Googleサーチコンソールにサイトマップの圧縮ファイル(.gz)を登録するのはなぜですか?

XMLサイトマップは、サイト(ブログ)のすべてのページが記載されているため、インデックスに時間がかかります。

ファイルを圧縮するのことで、少しでもインデックスを高速化しようとしています。

GoogleサーチコンソールにRSSフィードを登録するのはなぜですか?

XMLサイトマップは、サイト(ブログ)のすべてのページが記載されているため、インデックスに時間がかかります。

RSSフィードは、最新のいくつかのページのみ記載されているため、インデックスに時間がかかりません。

検索エンジンのインデックスを急ぐのはなぜですか?

検索エンジンの検索結果に表示されない限り、そのページは存在しないも同然です。

SEO(検索エンジン最適化)対策にもなります。

登録すべき検索エンジンには、Googleの他に何がありますか?

Google検索以外にもBing検索に登録することをおすすめします。

Yahoo!検索は、Googleの検索エンジンを利用しているため、追加対応は不要です。

Bing検索の登録には、Bing ウェブマスターツールを利用します。

アクセスや収益をUPさせるノウハウ紹介

実際の経験を元に、効果のあった施策をまとめました。

よかったら見ていってください。

ドメインパワーUPでSEOに効く被リンク獲得リスト

被リンクというと、ブラックなやり方を想像される方が多いかもしれません。

しかし、多くのサイトを分析してみると、みんな使っている登録サイトが存在することがわかりました。

ドメインパワーがSEOに重要な地位を占める現状では、自然なホワイトリンクの獲得戦略が欠かせません。

実際に既存サイトでも大きな効果を上げることができたので、ここでご紹介したいと思います。

リンクフリー
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる