無料でブログを宣伝できるサイト「ブロググ」

【一番詳しい】SWELL評判レビュー!口コミ1000件分析【メリット・デメリット】

口コミ・評判からわかる
SWELLのメリット・デメリット

\ 公式サイト /

この記事では、WordPress有料テーマ「SWELL」の感想・クチコミなどの評価を1000件以上集計・分類し、それを元に本気でレビューしています。

実際に使った経験から、なぜSWELLがおすすめなのか、なぜ高速化しやすいのか、なぜSEO対策しやすいのか、などSWELLのメリット・デメリットをお伝えします。

は、個人の初心者ブロガーにおすすめですが、企業サイト(コーポレートサイト)などのWeb制作にも使われているデザインテンプレートです。

suya

SWELLユーザーのことをSWELLERと言います。

なるほどくん

なるほど!スウェラーたちの評判ですね。

この記事でできること
この記事を書いた人

suya @suyasite

  • WP-Search」開発者
  • ブロググ」開発者
  • Webで月1億円を売り上げる
  • セキュリティの専門家(国家資格
  • WP-Search」開発者
  • ブロググ」開発者
  • Webで月1億円を売上
  • セキュリティ国家資格

この記事を最後まで読めば、ワードプレス有料テーマ「SWELL(スウェル)」の評判・口コミの一覧とメリット・デメリットがわかります。

ぜひ最後まで進めてみてください。

この記事は、Twitterの評判・口コミを大量に埋め込んでいるため、デザインが反映されるまで少し時間がかかる場合があります。

\ 公式サイト /

購入方法と初期設定はこちら

目次

SWELLの人気を示す2つのデータ

SWELLの人気っぷりがわかるデータがあります。

WordPressサイトを解析できる「WP-Search」でSWELLがNo1

1つは、WordPressテーマ・プラグイン・サーバーなどの情報を調べることができるWP-Searchのデータです。

無料テーマのCocoonを抜いて、SWELLが一番人気になっています。

日本のWordPressテーマシェア率(2022年1月)
引用元:【2022年】世界/日本のWordPressテーマ人気シェアランキング

有名ブロガーでも実は使っている人が多いようです。

最新の調査データは以下をご覧ください。

  • Twitter上でも、アンケート機能を使った人気テーマ調査が見つかりましたが、結果はまちまちでした。サンプル数が少なく、フォロワーの属性などにも左右されるためだと思われます。

A8メディア・オブ・ザ・イヤーでもSWELLが圧倒的No1

もう1つは、ASPであるが開催している「A8メディア・オブ・ザ・イヤー」の受賞サイトです。

2021年の結果では、サイトを公開している51サイトのうち23サイトSWELLを使用しており、圧倒的多数でした。(2位のCocoonは9サイト)

\ 会員登録無料 /

  • サイトの使用テーマ・プラグイン・サーバーなどは、WP-Searchを使えばすぐにわかります。

\ 人気No1テーマ /

SWELLの評判レビューはあてにならないのか?

多くの口コミ・評判を集計した結果わかるのは、SWELLを実際に使っている人の評価は驚くほどポジティブだということです。

ネガティブな口コミ・評判は、ほとんどの場合SWELLを実際に使ったことがない人でした。

この記事では、SWELLを実際に使ったことがある人に限定して、口コミ・評判を集計・分類しています。

実際に使ったユーザーの口コミ・評判に限定し、データに基づくことで、やらせを極力排除した評判レビューとなっています。

suya

良い評価が多いですが、悪い評価も集計しています。

SWELLテーマの口コミ・評判まとめ

SWELLユーザーのツイートに限定して、Twitterから口コミ・評判を集めました。(1,000件以上)

まだ使ったことがない人も、ボーッと眺めているだけで使った気分になれるかもしれません。

すでに使っている人も、まだ知らないSWELLの魅力や機能に気づくことがあるかもしれません。

  • SWELLが発売開始した2019年3月から現在までの3年分以上のTwitter投稿からピックアップしています。
  • 感想・おすすめの募集ツイートに対するリプライ(返信)は除外し、自発的なツイートのみ集計しています。
  • 自分の記事やアフィリエイトリンクに誘導するような宣伝ツイートは除外しています。
  • 過去の機能などで誤解を与えかねないツイートは除外していますが、古い情報が一部残っている場合があります。
  • 実際に使用していないと思われるアカウントのツイートは除外しています。
  • 同じ内容をbotなどで複数回投稿しているツイートや、他者を攻撃するようなツイートは除外しています。
  • 数が少ないクチコミ・評判や分類が難しいクチコミ・評判は除外しています。
  • 類似名称を除外する関係で、一部のツイートが含まれていない場合があります。

SWELLのメリット・長所まとめ

最初にSWELLのメリット・長所に関する口コミ・評判の件数を多い順にまとめます。

順位内容件数
1ライティングが早くなる・楽しくなる159
2ブロックエディタ完全対応で使いやすい101
3デザインがおしゃれ87
4動作が軽い(表示速度が高速)85
5サイト型トップページが簡単80
6設定だけでカスタマイズできる74
7なぜかPV数・クリック率(CTR)・検索流入(SEO)が改善する68
8記事装飾が簡単・豊富59
9初心者でもサクサク使える(初心者向け)46
10アップデートでどんどん進化する43
11サポートがすごい42
12広告リンク(アドセンス・アフィリエイト)が簡単28
12ブログのやる気・モチベーションにつながる28
14かゆいところに手が届く細かいこだわり・配慮23
15乗り換えプラグインでテーマ移行が簡単22
16読者が読みやすいデザイン19
17開発者の情熱がすごい12
18多彩な使い方ができるブログパーツ10
19内部リンク・外部リンクが簡単9
20公開時と同じ見た目で編集・設定できる6

件数順だと読みにくいので、文章にしてまとめてみます。

SWELLのキャッチコピーは、「シンプルなのに、高機能」です。

勝手に他のキャッチコピーを考えるとしたら、

ストレスフリー
だから、楽しい

おしゃれで、
やる気

企業でも使える、
初心者でも使いやすい

といった感じでしょうか。

SWELLのデメリット・短所まとめ

次にSWELLのデメリット・短所に関する口コミ・評判の件数を多い順にまとめます。

順位内容件数
1カスタマイズが楽しくなって記事が書けない・時間が溶ける55
2SWELLに依存してしまう(甘えてしまう)20
3WordPress本体の機能まではわかりやすくならない12
4設定場所や名称・用語がわからない7
5アップデートでどんどん進化するので付いていくのが大変7
6デフォルトの行間が狭い・文字サイズが小さい5
7画像まではおしゃれにならない・最適化されない4
8自由度が高すぎる(企業サイト・Web制作にも使われる)4
9デザインが似てしまう3
10設定だけでカスタマイズできるので知識が身に付かない・コードを忘れる3

いくつかのデメリットは、メリットの裏返しといった感じです。

  • 楽しすぎるから、時間が溶ける
  • 使いやすすぎるから、依存してしまう
  • どんどん進化するから、付いていくのが大変
  • 企業サイト・Web制作にも使えるくらいから、自由度が高すぎる
  • 人気テーマだから、デザインが似てしまう
  • 設定だけでカスタマイズできるから、コードの勉強にならない

SWELLの値段は高いのか?安いのか?

「値段が高い」という口コミ・評判は、SWELLユーザーからはあまり見られませんでした。

むしろ、これで買い切り複数サイトに使えるのは安いという声が多くありました。

suya

他テーマでは高い勉強代だったという口コミも。。

個人開発なのは不安要素なのか?

「個人開発なのが不安」という口コミ・評判は、あまり見られませんでした。

ブログ向けの人気テーマは、SWELLに限らず個人開発のものが多いです。

中には、法人化されておらず、提供者情報も正しく開示されていないテーマが複数あります

むしろ、SWELLは法人化されており、提供者情報も正しく公表されているので安心できます。

suya

個人開発は、細かいところにこだわれるなどメリットも多いです。

ちなみにSWELLも最初は1人で開発されていましたが、現在は複数の開発者います。

また、SWELLはGPL 100%になっているので、何かあったときも誰かが引き継いで開発を継続できるようになっています。

GPLとは、WordPress本体でも利用されている再配布可能なOSS(オープンソースソフトウェア)のライセンス形態です。

SWELLがおすすめのユーザー

SWELLのメインターゲットは、個人ブロガー初心者ブロガーだと思います。

一方で、口コミ・評判からはSWELLがおすすめなユーザーは、以下のように幅広いことがわかります。

  • 雑記ブログになりがちな初心者ブロガー
  • 記事を外注したいアフィリエイター
  • ブログを更新したい士業、講師業、先生業(コンサルタント、カウンセラーなど)
  • コードを減らして工数を削減したいWeb制作者
  • サイト高速化で楽をしたいサーバー・インフラなどのシステム担当者
  • 積極的に記事を更新したい企業のサイト管理者

\ 初心者から企業利用まで /

購入方法と初期設定はこちら

SWELLの口コミ・評判からわかるメリット20選

ここからは、SWELLのメリットについておすすめされている点を詳しく見ていきます。

メリット|ライティングが早くなる・楽しくなる

SWELLの評価として一番多かったのは、「ライティングが早くなる・楽しくなる」というものでした。

これは、外観デザインのように見た目ではわからないことで、実際に使ってみなければわからないことです。

一方で、それがSWELLの最大の強み・長所になっています。

ライティングが早くなる・楽しくなるワケ

この早さ・楽しさの理由としては、以下のような口コミ・評判が見つかりました。

  • エディターの動作が軽い
  • 簡単に装飾できる(CSSやショートコード不要)
  • ほしい機能・デザインが見つかる
  • 直感的に操作しやすいUI

記事執筆に関するストレスが減るため、時間効率が上がり、本来やりたかったコンテンツ・ライティングに注力することができるのでしょう。

記事を外注しやすくなる

面白い口コミ・評判としては、記事の外注がしやすくなるというものが見つかりました。

依頼元からは「マニュアル作りが楽になる」、依頼先のライターからは「執筆が楽になる」、といったものです。

\ ブログが楽しくなるテーマ /

メリット|ブロックエディタ完全対応で使いやすい・苦にならない

次に多かったSWELLのメリットは、ブロックエディタが使いやすく、他テーマと違って苦にならないというものです。

それだけ、他テーマのブロックエディタ対応状況が酷い(酷かった)ということのようです。

もともとWordPress(ワードプレス)は、クラシックエディター(Classic Editor)という編集画面と公開画面の見た目が異なるエディターでした。

WordPress 5.0から、公開画面と同じ見た目で編集できるブロックエディター(Gutenberg)が登場しました。

suya

未だにブロックエディタに非対応のテーマもあるため注意してください。

SWELLでブロックエディタを使っている様子

SWELLのブロックエディタの操作感は、公式動画が参考になります。

クラシックエディタは廃止される予定がある

クラシックエディタは「2022年」をもってサポートが終了することになっています。

一度「2021年末」から延長されましたが、今後も延長されるかは未知数です。

ブロックエディタ(Gutenberg)に対応していないテーマを購入するのは避けたほうがよいでしょう。

\ ブロックエディタ完全対応 /

メリット|デザインがおしゃれ(サイトデザイン)

おしゃれなデザインは、見ただけでわかるSWELLのわかりやすい特徴です。

それも、CSSなどのコードを書かなくても設定だけでポチポチ変更できてしまいます。

導入するだけでもおしゃれになる

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のデフォルトトップページ
さあ、始めよう。

設定変更しなくても、導入した瞬間からすでにおしゃれになっているという声も多くありました。

そのため、あまりカスタマイズせずに使用しているケースも多いようです。

\ 導入するだけ簡単おしゃれ /

デザイン性はデモサイトやサイト事例集が参考になる

SWELLには、いくつかのデモサイトが準備されています。

SWELLのデモサイト一覧

実際にどんなデザインにできるかは、事例集を見ればわかりやすいです。

メリット|サイト型トップページが簡単

SWELL公式サイト

SWELLは導入するだけでもおしゃれになりますが、企業サイトのようなトップページにするのも簡単です。

記事一覧だけのブログ型デザインと比較して、サイト型デザインと呼びます。

サイト型トップページが簡単なワケ

トップページを簡単にカスタマイズできる理由としては、以下のような口コミ・評判が見つかりました。

トップページカスタマイズのイメージ例

例えば、こんなカスタマイズがポチポチしているだけで完成します。

フルワイドブロック②
suya

今使っていても神です。。

\ サイト型デザインが簡単 /

メリット|記事装飾が簡単・豊富(記事デザイン)

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のオリジナルブロック一覧

SWELLのおしゃれさは、トップページだけではありません。

個々の記事ページも装飾ブロックが豊富でカスタマイズもできるので、簡単におしゃれにすることができます。

ここからは、SWELLの記事装飾機能を一部抜粋してご紹介します。

suya

すべての機能を紹介するには紙面が足りません。。

SWELLで使える「ボックス装飾」一覧(動画あり)

SWELLのオリジナルブロック一覧(動画あり)

文字単位でデザインできるテキスト装飾

SWELLにはカラフルなマーカーが準備されており、エディター設定で好きな色・太さ・デザインに変更できます。

太字塗りつぶし(背景色)などと組み合わせて、カスタム書式セットを作っておくこともできます。

PCでは長文を改行せずに、
スマホだけいいところで改行できます。
(この文章はスマホだけ改行されています。)

フォルダ構造やファイル名は、ディレクトリファイルを目立たせることができます。

アイコンもあらかじめ準備されており、外部ファイルを読み込まないため表示速度上のメリットがあります。

SWELLの評価は5段階でですね。

一番すごいのはインラインボタンを作れることなんですが、これはテーブルブロックと組み合わせることでも効果を発揮します。

単なるテキストがおしゃれになる段落ブロック

一番使うのはテキストを入力する段落ブロックですが、設定だけで装飾することができます。

私は[ストライプ]が好きですが、

[方眼]が好きな人もいるでしょう。

メモなら[角に折り目]があるとそれっぽいですし、

[スティッチ]ならかわいくなります。

ここからはアイコン付きデザイン

グッド

バッド

インフォ

アナウンス

ペン

ポイント

チェック

バツ印

はてな

アラート

メモ

さらに

エディター設定で色やデザインを変更できます。

何が言いたいかというと、

SWELLってテキストだけでも
おしゃれになるんです。

SWELLで使える「ボックス装飾」一覧(動画あり)

1秒で呼び出せるリストブロック

段落ブロックの装飾は、テキストだけでなく他のブロックをグループ化すれば、すべてのブロックに使用できます。

例えば、リストブロックを装飾で囲んだものは、初めから登録されているので、一発で呼び出せます。

  • リスト
  • リスト
  • リスト

カラーも自由自在のキャプションブロック

タイトル付きのキャプションブロックは、カラーやデザインが設定だけで自由自在です。

SWELLなら

ブルー

SWELLとは

おしゃれ

SWELLは

簡単

使い勝手抜群のふきだしブロック

ふきだしブロックは、初めから画像や名前、カラーやデザインなどを一覧に登録しておくことができます。

あとは選択するだけで呼び出せますが、編集中に一部の設定だけ変更することもできます。

suya

集計作業疲れた。。

なるほどくん

心の声が漏れてますよー!

手間いらずのステップブロック

ステップブロックは、余計な設定不要でいきなり使えます。

もちろんデザインやカラーを自由に選択することができます。

有料プラグイン並みのテーブルブロック

SWELLのテーブルブロックを使えば、料金比較表や商品比較表、メリット・デメリット表を簡単に作成できます。

例えば、以下のようなあらかじめ準備されたフォーマットなら、1秒で呼び出すことができます。

スクロールできます
フリープラン
0円
プレミアムプラン
1000円/月
機能A
機能B
機能C
制限あり
機能D
機能E
機能F
無料ではじめる購入はこちら
スクロールできます

商品A

商品B

商品C
機能A少し古い普通最新機能
機能B非対応制限付き使用可
性能A200[単位]500[単位]1000[単位]
性能B500[単位]1000[単位]800[単位]
デザイン普通良い微妙
価格5,000円10,000円15,000円
購入する購入する購入する
各製品の比較
スクロールできます
商品特徴価格評価

商品A
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円

商品B
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円

商品C
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円
各製品の比較
  • 普通のブロックエディタでは、テーブルセルの中にボタンを表示することはできません。(インラインボタン)
  • 普通のブロックエディタでは、テーブルセルの中にリストを表示することはできません。(インラインリスト)
  • 普通のブロックエディタでは、テーブルセルの背景色を個別に設定することはできません。

1クリックで装飾できる画像ブロック

画像もブラウザ風やデスクトップ風に簡単に装飾できます。

ブラウザ風では、キャプションがタブに記載できる気の利きようです。

ブラウザ風
デスクトップ風

もっと細かい設定ができる独自のリッチカラムブロック

リッチカラムブロックを使えば、コーポレートサイト風のメニューなんかも簡単に作れます。

リッチカラムブロックのイメージ例
WP-Search

WP-Search


調べたいサイトURLを入力するだけで、サーバー、テーマ、プラグインがわかります。

自動分類されるので、サイト事例集としても活用できます。

SWELLデモサイト

SWELLデモサイト


サイトを眺めるだけで設定箇所が丸わかりのデモサイトです。

デザインカスタマイズの参考に活用してください。

  • SWELLは通常のカラムブロックもスマホ表示が切り替えられるように拡張されています。

1秒で呼び出せるブロックパターン

先述のテーブルブロック以外にも、さまざまなブロックパターンが初めから準備されています。

マイクロコピー付きボタンブロック

\ ぼたんだよ /

装飾済みリストブロック

  • リスト
  • リスト
  • リスト

メディア(画像)に重なるテキスト

ブロークングリッドの例

大きなテキスト

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

大きなテキスト

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

ブロックパターンは、ブログパーツ機能を使って自分で登録することもできます。

SWELLのオリジナルブロック一覧(動画あり)

SWELLのその他の装飾ブロックを見たい場合は、以下のデモサイトをご覧ください。

メリット|設定だけでカスタマイズできる(共通デザイン)

SWELLは、CSSやJavaScriptなどを使用しなくても、ほぼノーコードでカスタマイズできます。

ショートコードもほとんど使わないので、エディター画面で見た目を確認しながら編集できます。

そのため、デザインにかける時間を減らすことができる上、企業サイトのようなデザインも簡単にできます。

  • もちろんSWELLでもCSSカスタマイズは可能です。

これまでご紹介してきたブロックの数も多いですが、ブロックに対する設定項目も無数にあります。

すべての設定項目をご紹介するわけにはいかないので、ここではまだご紹介していない機能の紹介にとどめます。

suya

実際に使わないとわかりにくい部分です。

全ページに流せるお知らせバー

すべてのページ最上部(ヘッダーのさらに上)などにお知らせバーを表示することができます。

本ページのお知らせバーを見たい場合は、右下の[トップへ]ボタンからどうぞ。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の外観カスタマイズのサイト全体設定-お知らせバー

SWELLお知らせバーの詳細

雰囲気一変コンテンツヘッダー

記事タイトルを画像や背景色の上に表示するようなレイアウトが簡単です。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のコンテンツヘッダー(例)

SWELLコンテンツヘッダーの詳細

自動で挿入される目次機能

最初のH2見出しの上に、目次を自動的に挿入することができます。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の外観カスタマイズの投稿・固定ページ-目次

画面右下の[目次]ボタンからもアクセスできます。

SWELL目次機能の詳細

プラグイン不要のSNSアクションエリア

記事下エリアに、フォローやいいねなどのSNSアクションを促す要素を表示できます。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のSNSアクションエリア

SWELL記事下エリアの詳細

スマホ/PC表示を切り替えられるデバイス制限(デバイスコントロール)機能

すべのブロックは、スマホだけ表示したり、PCだけ表示するなどの設定が可能です。

これは、デバイス制限(デバイスコントロール)機能という名前です。

SWELLデバイス制限機能の詳細

もっと表示を切り替えられる制限エリアブロック

制限エリアブロックを使えば、スマホ/PC表示以外の設定も可能です。

ログイン状態で制限

ログインユーザーや、その中の管理者のみに表示する設定を使えば、会員サイトでコンテンツを出し分けることができます。

表示期間で制限

表示期間を設定すれば、キャンペーンなどを自動で開始・終了することもできます。

ページで制限

ブログパーツと組み合わせることで、特定のカテゴリーでのみ表示する設定などが可能です。

  • サイドバーにカテゴリーごとの人気記事ランキングを表示
  • ヘッダー内にカテゴリーごとのボタンを表示(右上をご覧ください。)
  • 記事下やフッターにカテゴリーごとのCTAを表示
  • カテゴリーごとの記事下CTAは、カテゴリー設定でも可能です。
suya

雑記ブログでも、カテゴリーごとの設計がしやすいです。

アーカイブページ(カテゴリー・タグ・著者)のカスタマイズ

カテゴリーページやタグページ、著者ページなどを自由にカスタマイズすることができます。

suya

後述のブログパーツを使っています。

\ 雑記ブログにもおすすめ /

メリット|動作が軽い(表示速度が高速)

マニュオンのPageSpeed Insights
マニュオンのPageSpeed測定結果

これだけ高機能なのに、SWELLは動作が軽く、表示速度も高速にできるようになっています。

他のテーマはPageSpeed Insightsで、PCはよくてもモバイルをグリーンにできないことがあります。

その点、SWELLはきちんと最適化すれば100点を目指せたりします。

表示速度などのCWV(コアウェブバイタル)は、ユーザー体験に影響するだけでなく、SEOにも影響します。

SWELLを使用しているマニュオンでは、実験的なプラグインも含めて合計30個前後のプラグインを有効化しています。

さらに動画も埋め込んでいるマニュオンのトップページの測定結果を確認してみてください。

  • 表示速度は、サーバーやプラグイン、設定やコンテンツ内容によって異なります。必ず速くなるとは限りません。
  • 表示速度の数値を比較した情報を見かけますが、サンプル数が少ないため真に受けてはいけません。

SWELLの動作が軽い(表示速度が高速)なワケ

動作が軽く、表示速度が高速な理由としては、以下のようなことが考えられます。

  • CSSやJavaScriptなどのコードが最適化されている
  • コードが最適化されているのでAutoptimizeなどのプラグインが不要になる
  • スクリプト遅延読み込み機能が標準である
  • 遅延読み込み機能があるのでFlying Scriptsなどのプラグインが不要になる
  • 特定のページだけスクリプトを読み込むことができる
  • 一部のキャッシュ機能が標準である
  • キャッシュプラグインの設定が楽(不具合も少ない)
  • テーマ機能が豊富なのでプラグインを減らせる
  • プラグインでも実現できない高速化機能が標準である
  • アイコンフォントで外部ファイルを読み込まない
  • クラシックエディタに対応するための余計なコードが少ない
  • jQuery不要で動作する

SWELLキャッシュ機能の詳細

プラグインを減らせる

わかりやすく効果が大きいのは、プラグインの数を減らせることです。

プラグインは増えれば増えるほど、動作が重くなって不具合が増えるのでいいことなしです。

以下は、SWELLで不要なプラグインの一例です。

種類プラグイン例
エディタGutenberg / Classic Editor / AddQuicktag / Advanced Editor Tools
(旧TinyMCE Advanced)
目次Table of Contents Plus / Easy Table of Contents / Rich Table of Contents
記事リストWordPress Popular Posts / WordPress Related Posts / Related Posts for WordPress
ふきだしSpeech bubble / LIQUID SPEECH BALLOON
アバター画像WP User Avatar / One User Avatar
遅延読み込みLazy Load / a3 Lazy Load / BJ Lazy Load / Jetpack / Flying Scripts
コード圧縮Autoptimize
SEOAll in One SEO PACK / Yoast SEO / Rank Math SEO

不要なプラグインと必要なプラグインについては、導入方法の記事にもまとめています。

スクリプト遅延読み込み

もう1つ効果が大きいのは、外部スクリプトの読み込みを遅延できる点です。

GoogleアナリティクスGoogleアドセンスなどの読み込み、YouTubeTwitterなどの埋め込みは、どうしても時間がかかります。

それを遅延させることで、表示速度を改善することができます。

アイコンフォントで外部ファイルを読み込まない

他にも効果が大きいのは、外部ファイルを読み込まずにアイコンフォントを使える点です。

同じサーバー内のフォントファイルであれば、高速に読み込むことができます。

メリット|読者が読みやすいデザイン

読みやすさは表示速度だけではありません。

読みやすい余白・レイアウトに加えて、豊富な記事装飾で読者が読みやすい記事にすることができます。

読者が読みやすいデザインによって、PV数・クリック率(CTR)・検索流入(SEO)が改善する可能性があります。

デザインレイアウトについては言語化しにくいため、機能的な点を少し補足します。

PC表示には目次追尾サイドバー

本ページ以外の投稿では、サイドバーに目次を追尾表示しています。

また、子テーマなどの個別カスタマイズで、目次ハイライトも可能です。

SWELL目次追尾サイドバーの詳細

スマホ表示やワンカラムには目次ボタン

サイドバーを表示できないスマホ表示やワンカラムレイアウトの場合は、画面右下に[目次]ボタンが便利です。

目次がポップアップ表示されるので、飛びたい場所にすぐジャンプできます。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の目次ボタン
目次ボタン
WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の投稿記事SPデザイン(目次ポップアップ)

SWELL目次ボタンの詳細(動画あり)

\ ユーザーフレンドリー /

SWELLは収益化機能も充実しており、簡単に広告リンクを設置できます。

アフィリエイトをするなら超効率化できるので、SWELLを利用した情報サイトも増えています。

Googleアドセンスコードを自動挿入できる

Googleアドセンスは、申請時も簡単ですが、設置方法も簡単です。

  • 申請用コードを簡単に設置できる
  • 外観ウィジェットで好きな位置に表示できる
  • 目次前後にも表示できる
  • ショートコードで自由な場所に表示できる
  • 投稿リストにインフィード広告を挿入できる

詳細は公式サイトが詳しいです。

SWELLアドセンス機能の詳細

ads.txtをWordPress管理画面から編集できる

Googleアドセンスなどで要求されるads.txtは、通常FTPソフトやサーバー管理画面からアップロードする必要があります。

SWELLでは、WordPress管理画面から簡単に編集できます。

アフィリエイトコードを一括管理できる広告タグブロック

アフィリエイトコードも、一元管理することができ、後から差し替えるのも簡単です。

  • テキスト型(インライン)
  • バナー型(画像)
  • アフィリエイト型(下記参照)
  • Amazon型(楽天なども併記したい場合はPocchip推奨)
  • ランキング型(アフィリエイト型をランキング表示)

詳細は公式サイトが詳しいです。

SWELL広告タグ管理機能・広告タグブロックの詳細

アフィリエイトコードをそのまま貼り付けられるSWELLボタンブロック

SWELLボタンブロックは、アフィリエイトコードを改変せずにそのまま貼り付けることができます。

リンクとボタンテキストを別々に貼ったりする必要もありません。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のボタン(アフィリエイトコード)
SWELLボタンのエディター設定

SWELLボタンブロックの詳細(動画あり)

アフィリエイトリンクのクリック率計測機能

アフィリエイトリンクは、クリック率や表示回数を計測できるようになっています。

広告タグブロックの計測機能

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の広告タグ(計測機能)

SWELLボタンブロックの計測機能

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のSWELLボタン(計測機能)

クリック率を最適化できるABテストブロック

SWELLボタンをAパターンとBパターンで出し分けることで、どちらがクリックされやすいか比較することができます。

例えば、以下のような比較テストが簡単にできます。

  • どちらのコピーのほうがクリックされやすいか
  • どちらの商品のほうがクリックされやすいか・成約しやすいか
  • どちらのASPのほうが成約しやすいか

\ データ分析が簡単 /

アフィリエイトリンクGoogleアドセンスだけでなく、通常の内部リンクや外部リンク(発リンク)も簡単です。

内部リンクも外部リンクもSEOで重要な要素ですが、通常は管理が大変な部分でもあります。

リライトが自動反映される関連記事ブロック

関連記事ブロックを使用すると、わざわざ一覧画面に戻って探さなくても、エディター画面のまま記事を検索してリンクを貼ることができます。

さらに、タイトルや抜粋文、アイキャッチ画像などを変更した場合も、自動反映してくれます。

  • 関連記事ブロックはキャッシュされるので、変更が反映されるには時間を置くか、キャッシュクリアする必要があります。

ブログカード

テキストリンク

内部リンクだけでなく、外部リンクにも使えるため、かなり万能的に使うことができます。

テキストリンクを多用すれば、タイトルなどの変更でリライトする作業も不要となります。

suya

リンク管理が楽になります。

SWELL関連記事ブロックの詳細(動画あり)

簡単おしゃれなバナーブロック

バナーブロックを使えば、おしゃれな画像リンクが簡単に作れます。

内部リンクにも外部リンクにも使うことができます。

カテゴリーごとのCTA設定

制限エリアブロックでも設定できたカテゴリーごとのCTA設定ですが、カテゴリー設定画面でも簡単に設定できます。

ブログパーツをカテゴリーに登録することで、カテゴリーのすべてのページに同じCTAを表示します。

記事下に訴求・販促したい商材リンクや記事リンクを、カテゴリーごとに一元管理することができます。

suya

雑記ブログでも、カテゴリーごとの商品管理がしやすいです。

\ 雑記ブログにもおすすめ /

CTAとは、「Call To Action」の略で、記事下などでユーザーに行動を促すためのものです。

メリット|公開時と同じ見た目で編集・設定できる

SWELLでは、多くの設定をプレビュー表示を見ながらカスタマイズできるようになっています。

そのため、設定を変更するたびにプレビュー画面を開いたり公開してからミスに気づくことが減ります。

  • 一部の機能はプレビューに正しく反映されないことがあるため、最終チェックは忘れずに実施しましょう。
プレビューを見ながら設定・編集できる箇所の例
  • 外観カスタマイズ(カスタマイザー)
  • エディター画面(記事編集画面)
  • エディター設定(カラーなどの設定画面)
  • ふきだし管理画面
suya

ブロックエディタ完全対応の大きな特徴の1つです。

SWELLテーマカスタマイザーの詳細(動画あり)

メリット|多彩な使い方ができるブログパーツ

これまでも少し登場していますが、SWELLのブログパーツ機能は大変優秀です。

記事編集と同じ要領で自作パーツを作ることができ、それをさまざまな箇所に挿入できます。

ブログパーツのおかげで本当にいろんなことができるので、困ったらブログパーツ状態になります。

suya

それ、ブログパーツでできます!

トップページのメインビジュアルを自由にカスタマイズできる

トップページのイメージ例を見るとわかるように、メインビジュアル(画像・動画)などの上にボタンなどを自由に配置できます。

ブログパーツはすべてのブロックを使えるので、完全オリジナルのメインビジュアルも可能です。

自作パーツを外観ウィジェットに自由に配置できる

これまでの登場したブロックを組み合わせた自作ブロック(ブログパーツ)を、自由にウィジェット配置することができます。

  • サイドバーやフッターに自由にボタン・画像・リンクなどを表示できる
  • ヘッダー内にカテゴリーごとのボタンを表示できる(右上をご覧ください)
  • 投稿リストブロックと制限エリアブロックを組み合わせれば、サイドバーにカテゴリーごとの人気記事ランキングを表示できる

カテゴリーページなどを記事のようにカスタマイズできる

SWELLでは、アーカイブページ(カテゴリー・タグ・著者)にブログパーツを挿入できるようになっています。

ブロックパターンに登録していつでも呼び出せる

ブログパーツは、ブロックパターンに登録することができます。

ブロックパターンに登録すると、エディター画面で即座に呼び出すことができます。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のブロックパターン一覧

Web制作のクライアントワークでも使える

ブログパーツは、Webサイト制作者と運用者が異なるクライアントワークでも使えます。

再利用ブロックと違って、誤って編集されることがないため、編集ミスからコンテンツを守ります。

また、時期に応じてブログパーツを切り替えることで、表示を切り替えるような運用も可能です。

ブログパーツと再利用ブロックの違い

WordPress本体機能である再利用ブロックでも、自作パーツを作ることができます。

しかし、ブログパーツは外観ウィジェットやカテゴリーページなど、記事以外でも呼び出すことができます。

また、再編集ブロックのように記事編集中に誤って編集できないようになっています。

SWELLブログパーツの詳細

メリット|かゆいところに手が届く細かいこだわり・配慮

ここからは、細かすぎて伝わらないSWELLあるあるみたいな話です。

ただ、この細かいこだわり・配慮が、SWELLのストレスフリーなユーザー体験を支えています。

ここでは機能部分の箇条書きにとどめますが、UIについてはぜひSWELLを購入して触ってみてください。

  • ブロック下の余白量の調節が簡単
  • 違う種類のブロックに変換しやすい
  • 親ブロックを選択しやすいボタン
  • 改行されても見出しがきれい
  • テーブルブロックの折り返し禁止が設定できる
  • プロフィールの入力欄が初めから多い
  • 記事スライダーの表示数を小数点単位で設定できる
  • 外観ウィジェットでヘッダー内に配置できる
  • 記事一覧画面でアイキャッチ画像を確認できる
  • 記事一覧画面で簡易的にPV数を確認できる
  • <head><body>前後へのコード挿入機能
  • 記事単位のCSS/JS入力機能
  • CSSのブラウザキャッシュが無効化済み
  • 子テーマにしてもカスタマイザーがリセットされない
  • 抜粋などでショートコードが展開されて表示される
  • ショートコードが1クリックで全体選択されるのでコピペしやすい
  • 印刷画面も印刷しやすいようにデザイン済み
  • PHPやWordPressのバージョンを確認できるダッシュボード情報
  • 使わないSWELLの機能を停止(メニューを非表示)できる
  • イケてないWordPressコアの機能を停止できる
suya

個人開発だからできる細かいこだわりです。

SWELL公式マニュアル

\ かゆいところに手が届く /

メリット|開発者の情熱がすごい

機能が多ければいいわけではありません。

細かい設定ができればいいわけではありません。

ユーザーにとって使いやすかを考え、情熱を持って開発されていると感じる人が多いようです。

SWELL開発者である了さんのTwitterアカウントはフォローしておきましょう。

@ddryo_loos

メリット|初心者でもサクサク使える(初心者向け)

初心者におすすめするツイートも目立ちました。

これも機能的なメリットではありませんが、私も初心者ブロガーはSWELLから始めるのがよいと考えています。

SWELLが初心者向けのワケ

SWELLが初心者でも使いやすい理由は多いですが、大きなポイントは以下のような感じです。

もう1点、初心者におすすめする理由があるとしたら、投資は早ければ早いほどお得だということです。

同じ金額で使う期間が長ければ、それだけコストパフォーマンスがよくなるからです。

今始めるならブロックエディタ

先述のとおり、クラシックエディタは「2022年」をもってサポートが終了することになっています。

クラシックエディタに慣れていないWordPress初心者は、今始めるならブロックエディタにしましょう。

上級者(玄人)にも便利

念のため、初心者だけでなくWeb制作を行うプロ(上級者)にも利用されている点を補足しておきます。

\ 初心者から企業利用まで /

メリット|ブログのやる気・モチベーションにつながる

これは継続が難しいブログならではですね。

記事執筆に時間をかけたいのに、設定やカスタマイズの使いにくさにやる気を削がれる人は多いはずです。

クライアントもやる気になる

自分の記事執筆でなくても、クライエントがやる気になって更新するようになるという声も見つかりました。

個人経営色の強い士業や講師業、先生業(コンサルタント、カウンセラーなど)におすすめされます。

これは、記事を外注しやすくなることに似ています。

\ ブログのやる気UP /

メリット|アップデートでどんどん進化する

SWELLはバージョンアップデートが高頻度で、どんどん使いやすくなり、機能面でも進化していきます。

勝手に進化するのに、更新が必要なサブスク型ではなく、買い切り型のテーマというのは特筆すべきポイントです。

SWELLアップデート情報

要望対応も爆速

要望対応のバージョンアップデートも、びっくりするくらい早く対応いただくことがあります。

私も要望を挙げて複数対応いただきました。

  • もちろんすべての要望に対応いただけるわけではありませんのでご注意ください。

\ 進化するテーマ /

メリット|サポートがすごい

新機能の追加ばかりではなく、不具合対処やフォーラムでもサポートが迅速です。

特にフォーラムは、多くの情報が詰まっているので、SWELLユーザーはぜひ覗いてみてください。

SWELLフォーラム

フォーラムでよく回答しているユーザー

フォーラムでは、SWELL開発者以外にもWeb制作やエンジニアなどの専門家が回答しています。

名前Twitterアカウント
しらこさん@96ssbike
スキルシェアさん@skillsharejp
かんたさん@swell_mania
suya@suyasite
  • 新フォーラムのアクティビティ順に掲載

わかりやすい公式マニュアル

公式マニュアルがわかりやすいという声も目立ちました。

とりあえず検索してみるだけでも解決するかもしれません。

SWELL公式マニュアル

不具合対処が爆速

不具合が発覚すると、翌日や、早いと当日にバージョンアップデートで対応されたりします。

フォーラムを見ていると、よく見かける光景です。

SWELLフォーラム

メリット|乗り換えプラグインでテーマ移行が簡単

SWELLには、他テーマからの乗り換えプラグインが用意されています。

他のテーマでこのようなプラグインが用意されているのは見たことがありません。

乗り換えサポートプラグインを使用する場合は、以下に注意してください。

  • 100%デザインが維持されるわけではない
  • 自分で追加したカスタマイズは自分で修正する必要がある
  • 乗り換えプラグインは動作が多少重くなるため、削除するにはリライトが必要
  • 「SEO SIMPLE PACK」プラグインのインストールを忘れずに
  • 「SEO SIMPLE PACK」でOGP画像の設定を忘れずに
  • 「SEO SIMPLE PACK」でGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールの設定を忘れずに
  • テーマ機能に合わせてプラグインを整理する必要がある

SEO SIMPLE PACK」プラグインの設定方法については、以下をご覧ください。

最初の導入方法や推奨/非推奨プラグインについては、以下をご覧ください。

テーマ移行は早ければ早いほど楽

テーマ移行は、乗り換えプラグインがあるSWELLでも、やはり大変な作業です。

操作に慣れるのも大変ですし、プラグインの入れ替えなども必要です。

大量に見つかるそんな声の一部をご紹介します。

\ テーマ移行が楽になる /

メリット|なぜかPV数・クリック率(CTR)・検索流入(SEO)が改善する

意外と多かったのが、PV数、クリック率(CTR)、検索流入(SEO)などが改善したという声です。

ここからは、なぜそのような結果になるのか、いくつか仮説を見ていきたいと思います。

なぜかPV数が増える(回遊率が上がる・直帰率が下がる)

PV数が増えるには、別に検索順位が上がる必要はありません。

1人のユーザーが1ページだけ見て直帰してしまうのではなく、複数ページを見てまわればPV数は増えます。

つまり、ユーザーが増えなくても、直帰率が下がり、回遊率が上がればPV数は増えるわけです。

PV数が増えるとしたら、以下のような理由が考えられます。

  • 逆にPV数が減った人もわずかながらいました。必ず増えるとは限りません。

なぜかクリック率(CTR)がよくなる

こちらは数は少なかったですが、広告リンクのクリック率(CTR)もよくなるという口コミがあります。

数が少ないため、少し信憑性は劣ります。

ただ、A8メディア・オブ・ザ・イヤーの受賞サイトの多くがSWELLを使用しているんですよね。

クリック率(CTR)が増えるとしたら、以下のような理由が考えられます。

  • こちらも必ず増えるとは限りません。

なぜか検索流入が増える・順位が上がる(SEO)

Googleなどの検索アルゴリズムはブラックボックスになっており、検索結果に反映されるまでのタイムラグもあります。

そのため、SEO効果を確認する術はありませんが、このような口コミが見つかりました。

検索順位が上がるとしたら、以下のような理由が考えられます。

SWELLフォーラムで著者アーカイブページにもブログパーツを追加できるように要望を出し、採用いただきました。(2022/3/5)

  • 逆に検索順位が落ちた人もわずかながらいました。必ず増えるとは限りません。

FAQブロック

構造化データの一例として、FAQブロックがあります。

構造化データとは、検索エンジンのクローラー(ロボット)が解析しやすくするためのデータです。

FAQブロックは、見た目だけでなく、裏で構造化データを出力できるため、Googleの検索画面にFAQを表示することができます。

WordPressテーマ「SWELL(スウェル)」のFAQ構造化データ
FAQ構造化データの表示例(Google)

検索エンジンの検索結果画面に視覚的な効果が追加されたものをリッチリザルトと言います。

ここの質問と

回答が

Googleなどの検索結果に

表示されます

  • 構造化データを出力しても、表示するかどうかはGoogle次第なのでご注意ください。
  • FAQのリッチリザルトは、クエリ(検索キーワード)によっては流入が減少するので注意してください。

FAQ以外にも多くの構造化データがあります。

そして、SWELLは一般的な構造化データに標準で対応してくれています。

suya

目に見えない違いは気づきにくいですね。

SWELL FAQブロックの詳細

商品レビューの構造化データに対応した商品レビューブロックが追加されました。(2022/8/20)

SEO SIMPLE PACK

よく使われるSEOプラグインに「All in One SEO」がありますが、高機能すぎて使いにくいです。

SEO SIMPLE PACK」は、SWELLと同じ開発者が開発しており、シンプルで使いやすいです。

なぜかGoogleアドセンスの審査に合格する

SEOよりもさらにブラックボックスですが、Googleアドセンスの審査に合格するという口コミがありました。

口コミ件数も少ないため真偽不明ですが、参考として掲載します。

  • もちろん必ず合格するとは限りません。

SWELLアドセンス機能の詳細

\ なぜかいいことばかり!? /

購入方法と初期設定はこちら

SWELLの口コミ・評判からわかるデメリット10選

次に、SWELLのデメリットや注意点について見ていきましょう。

デメリット|カスタマイズが楽しくなって記事が書けない・時間が溶ける

SWELLのデメリットとして一番多かったのは、「カスタマイズ沼」「デザイン沼」にハマるというものでした。

楽しくなっちゃって止まらなくなるんですね。

デザインの見た目でやる気が変わるなら、逆にいいことだと割り切ることもできます。

代表的なカスタマイズ方法

代表的なカスタマイズ方法については、以下の記事をご覧ください。

デメリット|SWELLに依存してしまう(甘えてしまう)

次に多かったSWELLのデメリットは、SWELLに依存してしまう、甘えてしまうというものです。

以下のようなことがよく起こるようです。

  • SWELLオリジナルの機能を使いたくなる
  • SWELLでできるのに他テーマでできないことがストレスになる
  • 他のテーマを使いたくなくなる
  • 移行予定のなかったサイトもSWELLにテーマ移行したくなる

SWELL以外でも使えるプラグイン

SWELLが依存させようとしているかというと、SWELL以外のテーマでも使えるプラグインが多く開発されています。

SWELLから他テーマに移行したくなった場合も、プラグインはそのまま使い続けることができます。

それでも、SWELLの多くの便利機能が、SWELLに依存させてしまうようです。

\ 依存しすぎ注意! /

デメリット|WordPress本体の機能まではわかりやすくならない

これはSWELLのデメリットではないかもしれませんね。

ただ、WordPress本体の機能がわかりにくいのを、SWELLがわかりにくいと勘違いする人も多いようです。

ブロックエディタはテーブルのセル結合ができない

よくSWELLのテーブルブロックはセル結合できないということを言われます。

実はこれ、WordPress本体のブロックエディタが原因です。

むしろ、SWELLのテーブルブロックは、セルの背景色を個別に設定できるなど、標準機能の問題を大きく改善しています。

テーブルのセル結合を行いたい場合は、「Flexible Table Block」プラグインを使いましょう。

suya

SWELL開発協力者が開発したプラグインです。

デメリット|設定場所や名称・用語がわからない

WordPress自体の名称・用語がわからない場合もありますが、SWELL特有の名称・用語がわからない人もいるようです。

SWELLメインビジュアルコンテンツヘッダーSNSアクションエリアピックアップバナーお知らせバーなどは名称・用語が少し独特です。

これは、どのテーマにも言えることで、ある程度は慣れるしかない部分です。

名称・用語や設定箇所がわからない方のために、逆引きできるSWELLデモサイトを公開しています。

\ 慣れれば簡単 /

デメリット|アップデートでどんどん進化するので付いていくのが大変

これは、アップデートでどんどん進化することの裏返しですね。

久々に触ってみると、新しい機能が追加されているということがよくあります。

suya

楽しみが増えるとも言えます。

デメリット|デフォルトの行間が狭い・文字サイズが小さい

これは、記事構成やサイトのターゲットなどによっても変わってきそうです。

ただ、私も行間は少し狭いように感じて、CSSでカスタマイズしています。

行間のカスタマイズ方法は、以下をご覧ください。

WordPressで行間を空ける(詰める)6つの調整方法【CSSはSWELL対応】

フォントサイズの変更方法は、以下をご覧ください。

SWELLのフォントサイズの変更方法

デメリット|画像まではおしゃれにならない・最適化されない

さすがにSWELLでも、ロゴ画像やアイキャッチ画像をおしゃれにしたり、最適化したりはできません。

Canvaを使って自分で作る

アイキャッチ画像などは、を使えばおしゃれなものが作れます。

\ 無料素材がたくさん /

一般的に必要になる画像・動画は、以下の通りです。

  • アイキャッチ画像
  • サイトアイコン(ファビコン)
  • NO IMAGE画像
  • OGP画像
  • ヘッダーロゴ画像
  • コンテンツヘッダー画像(SWELL独自)
  • メインビジュアル(トップ画像・動画)

詳しい画像サイズなどは、以下をご覧ください。

ココナラで人にお願いする

デザインを人に頼みたい場合、ココナラ(coconala)でプロにお任せしましょう。

\ 画像もおしゃれに /

画像だけでなく、Webサイト制作も依頼したい場合は、以下のボタンからSWELLカスタマイズを検索できます。

\ SWELLに対応 /

デメリット|自由度が高すぎる(企業サイト・Web制作にも使われる)

これは、高機能であるがゆえのデメリットですね。

一方で、高機能なのに使いやすいという口コミが多いのもSWELLの特徴です。

企業サイト・Web制作でも使用される

SWELLは高機能で自由度が高いからこそ、企業サイト(コーポレートサイト)・Web制作でも使用されています。

普通のブログ向けテーマは、企業サイト(コーポレートサイト)・Web制作で使われることは少ないです。

SWELLが企業サイト・Web制作でも使用される理由としては、以下のような口コミが見つかりました。

  • ブロックエディタに対応する必要がなくなる(工数削減)
  • ブロックエディタでワイヤーフレーム・デザインカンプを省略できる(工数削減)
  • 設定だけでカスタマイズできるのでコードを減らせる(工数削減)
  • オリジナルテーマと違ってメンテナンスが楽(運用性)
  • ブログパーツ機能が使いやすい(運用性)
  • クライアントも記事を更新しやすい(運用性)
  • LP(ランディングページ)が作れる
  • 高速化対応済み
  • 内部SEO対策済み
  • サブスク型ではなく買い切り型なのでコスパがいい(料金体系)
  • Web制作に使いやすい100% GPLのライセンス形態(料金体系)

\ 初心者から企業利用まで /

デメリット|デザインが似てしまう

デザインが似てしまいやすいのは、人気テーマにはよくある問題です。

SWELL導入したままのデフォルトでもおしゃれだと感じて、そのまま使う人も多いです。

オリジナルのデザインにできるという声

一方で、自由度が高いことも事実で、全く逆の口コミも見られます。

トップページのメインビジュアルやサイト型デザインが、初心者でも簡単というのも大きいでしょう。

デザインの幅はサイト事例集が参考になる

実際にどんなデザインにできるかは、事例集を見ればわかりやすいです。

デメリット|設定だけでカスタマイズできるので知識が身に付かない・コードを忘れる

これは、便利さの裏返しですね。

設定だけでポチポチしていたらカスタマイズできてしまうので、コードを書く機会が激減します。

\ 難しいコードは不要 /

購入方法と初期設定はこちら

他テーマとSWELLの比較をレビュー

ここからは、SWELLと各テーマとの違いを比較してレビューしています。

CocoonとSWELLの比較

Cocoon(コクーン)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 無料/寄付
  • 簡単におしゃれにできない
  • CSSやショートコードが必要
  • ブログ型デザインが基本
  • アフィリエイトタグ挿入機能
  • ブログ向け
  • 上級者向け
  • 有料(17,600円)
  • ブロックエディタが使いやすい
  • おしゃれなデザイン
  • 設定だけでカスタマイズ
  • サイト型デザインも簡単
  • 表示速度が速い
  • アップデートが早い
  • Pochipp開発支援
  • ブログにも企業サイトにも
  • 初心者向け

Cocoonは、最もSWELLへのテーマ移行の口コミが多かったテーマです。

Cocoonの比較優位性としては、以下のような口コミもありました。

  • PV数が細かく見れる(月間など)
  • 人気記事ランキングの集計期間を指定できる(月間など)
  • 記事一覧を更新順にできる
  • リンク属性(nofollowなど)を一括変換できる

SANGOとSWELLの比較

SANGO(サンゴ)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 14,800円
  • かわいいデザイン
  • SANGO Landでカスタマイズ
  • ブログ向け
  • 17,600円
  • ブロックエディタが使いやすい
  • おしゃれなデザイン
  • サイト型デザインが簡単
  • 表示速度が速い
  • ブログにも企業サイトにも

SANGOも、最近は目次ブロックやSANGO Landなどの機能強化が行われています。

AFFINGERとSWELLの比較

AFFINGER(アフィンガー)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 単品だと安い(14,800円)
  • 有料プラグインが高い
  • かためのデザイン
  • ブログ型デザインが基本
  • カスタマイズ性が高い
  • 設定が難しい
  • ブログ向け
  • 上級者向け
  • 単品だと高い(17,600円)
  • 有料プラグイン不要
  • ブロックエディタが使いやすい
  • きれいなデザイン
  • サイト型デザインが簡単
  • 設定だけでカスタマイズ
  • 表示速度が速い
  • ブログにも企業サイトにも
  • 初心者向け

AFFINGERは有料プラグインが必要な機能が多く、上級者向けだと思います。

JINとSWELLの比較

JIN(ジン)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 14,800円
  • かわいいデザイン
  • 表示速度が遅い
  • ブログ向け
  • 17,600円
  • ブロックエディタが使いやすい
  • おしゃれなデザイン
  • サイト型デザインが簡単
  • カスタマイズ性が高い
  • 表示速度が速い
  • ブログにも企業サイトにも
  • 初心者向け

JINは、特に動作が重い・表示速度が遅いという口コミが目立ちました。

THE THORとSWELLの比較

THE THOR(ザ・トール)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 14,800円
  • ブロックエディタ非対応
  • アップデートが遅い
  • 公式サイトがわかりにくい
  • ブログ向け
  • 17,600円
  • ブロックエディタが使いやすい
  • おしゃれなデザイン
  • アップデートが早い
  • 公式サイトがわかりやすい
  • 表示速度が速い
  • ブログにも企業サイトにも
  • 初心者向け

アップデートが遅い、ブロックエディタに対応していないという口コミが目立ちました。

THE THORはブロックエディタに対応していないため、今購入するのはおすすめできません。

THE THORを今おすすめしているサイトは、情報が古いか、信頼性が低い可能性があります。

THE THORの比較優位性としては、以下のような口コミもありました。

  • HTMLサイトマップ機能がある
  • コンタクトフォーム機能がある

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、SWELLの投稿リストブロックで代用することもできます。

以前はSEOのためにHTMLサイトマップが必要とされていましたが、現在は使われることが激減しました。

コンタクトフォーム

コンタクトフォームは、どのテーマでもプラグインを用いるのが一般的です。

OPENCAGE(STORK19、SWALLOW等)とSWELLの比較

STORK19(ストーク19)・SWALLOW(スワロー)・Hummingbird(ハミングバード)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 7,980円〜11,000円
  • 機能がシンプル
  • ブログ向け
  • 初心者向け
  • 17,600円
  • ブロックエディタが使いやすい
  • カスタマイズ性が高い
  • 表示速度が速い
  • ブログにも企業サイトにも
  • 初心者向け

STORK19・SWALLOW・Hummingbirdは、機能が少なくてシンプルです。

DiverとSWELLの比較

Diver(ダイバー)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 17,980円
  • ブログ向け
  • 表示速度が遅い
  • 17,600円
  • ブロックエディタが使いやすい
  • ブログにも企業サイトにも
  • 表示速度が速い

DiverからSWELLへの乗り換えプラグインはありません。

THE SONICとSWELLの比較

THE SONIC(ザ・ソニック)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • サブスク(年間8,580円)
  • アップデートが遅い
  • ブログ向け
  • 買い切り(17,600円)
  • おしゃれなデザイン
  • カスタマイズ性が高い
  • アップデートが早い
  • サポートがいい
  • ブログにも企業サイトにも

THE SONICは、買い切り型ではなくサブスク型なのでご注意ください。

Nishiki ProとSWELLの比較

Nishiki Pro(ニシキプロ)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 17,800円
  • WooCommerce対応
  • ブログにも企業サイトにも
  • 17,600円
  • WooCommerce非対応
  • ブログにも企業サイトにも

Nishiki Proは、他テーマにない機能や独自性もあり、違いを出したい人におすすめです。

Snow MonkeyとSWELLの比較

Snow Monkey(スノーモンキー)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • サブスク(年額16,500円)
  • かっちりデザイン
  • 企業サイト向け
  • 買い切り(17,600円)
  • おしゃれなデザイン
  • ブログにも企業サイトにも

Snow Monkeyは、サポートを受けるためにはサブスク契約を更新する必要があります。

どちらが優れいているというよりも、使い分けに関する声が目立ちました。

SWELL + Snow Monkey Blocks/Editor/Formsという組み合わせも

Snow Monkeyは、多くの機能がプラグイン化されているため、他テーマと組み合わせて使うこともできます。

Snow Monkeyプロダクト

LightningとSWELLの比較

Lightning(ライトニング)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 無料/サブスク(年額9,900円)
  • 企業サイト向け
  • 買い切り(17,600円)
  • おしゃれなデザイン
  • ブログも企業サイトも

LightningとSWELLを比較した口コミは少ないようです。

おそらく利用者にTwitterユーザーが少ないのでしょう。

SWELL + VK Filter Search Proという組み合わせも

Lightningと同じ開発元の絞り込み検索プラグイン「VK Filter Search Pro」は、他テーマと組み合わせて使うこともできます。

VK Filter Search Pro

EmanonとSWELLの比較

Emanon(エマノン)とSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • 〜27,800円
  • かっこいいデザイン
  • 企業サイト向け
  • 17,600円
  • おしゃれなデザイン
  • ブログにも企業サイトにも

EmanonとSWELLを比較した口コミは少ないようです。

おそらく利用者にTwitterユーザーが少ないのでしょう。

番外編)はてなブログとSWELLの比較

WordPressではありませんが、はてなブログとSWELLの違いをまとめると、以下のようになります。

  • CSSやコードが必要
  • ブロックエディタが使いやすい
  • おしゃれなデザイン
  • 設定だけでカスタマイズ
  • サイト型デザインが簡単

少ないですが、はてなブログとSWELLを比較する口コミも見つかりました。

他テーマを買ってから後悔した口コミ

他のテーマを購入してから後悔したという口コミもかなりありました。

逆に、SWELLを購入して後悔したという口コミは少ないようです。

suya

後悔しないようにしましょう!

この記事のまとめ

WordPress有料テーマ「」の口コミ・評判からわかるメリット・デメリットに対して、詳しくレビューしました。

最後にもう一度SWELLがおすすめのユーザーを振り返っておきましょう。

  • 雑記ブログになりがちな初心者ブロガー
  • 記事を外注したいアフィリエイター
  • ブログを更新したい士業、講師業、先生業(コンサルタント、カウンセラーなど)
  • コードを減らして工数を削減したいWeb制作者
  • サイト高速化で楽をしたいサーバー・インフラなどのシステム担当者
  • 積極的に記事を更新したい企業のサイト管理者

この記事は、タイピング以外マウスでポチポチしているだけで装飾が完成しています。

埋め込みを多用しているので、さすがのSWELLでも少し重いかもしれません。

なるほどくん

SWELLだからできるんですけどね。

\ 人気No1テーマ /

SWELLの購入方法と初期設定については、以下をご覧ください。

導入するだけでおしゃれ(スタイリッシュ)なデザインになるWordPressテーマSWELLを、あなたのサイトに導入しましょう。

\ おしゃれで簡単 /

\ 口コミ1,000件以上 /

\ 画像付きで間違えない /

よくある質問(FAQ)

SWELLの一番のメリットはなんですか?

1000件以上の口コミを分析した結果、SWELLの一番のメリットはライティングが早くなる・楽しくなることでした。

その他のメリットについては、こちらをご覧ください。

SWELLの一番のデメリットはなんですか?

1000件以上のクチコミを分析した結果、SWELLの一番のデメリットはカスタマイズが楽しくなって記事が書けない・時間が溶けることでした。

その他のデメリットについては、こちらをご覧ください。

「SWELL」「Swell」「swell」どれが正しい表記ですか?

「SWELL」が正しい表記になります。

カタカナでは「スウェル」と表記されることが多いですが、「スエル」もたまに見かけます。

「Swell Lite」というテーマは「SWELL」とは関係ありませんか?

はい、「Swell Lite」は海外製のテーマで、「SWELL」とは全くの別物です。

SWELLがAMP非対応なのはデメリットではありませんか?

AMPは、Googleによるキャッシュサービスです。

以前はGoogleによる優遇措置がありましたが、現在はなくなっています。

技術的に不利な点も多いため、現在AMPをやめるサイトが増加しています。

そのため、現在AMP対応はメリットではなくなっています。

この記事の参考情報

SWELL運営者情報
運営者株式会社LOOS
所在地大阪府大阪市北区梅田二丁目5-13 桜橋第一ビル304号
販売場所SWELL公式サイト
SWELL公式サイト
WordPress.org公式サイト

読者の声を紹介させてください

この記事をご紹介いただいた方がいらっしゃいましたら、読者の声として掲載させていただきます。

ぜひご連絡いただければと思います。

この記事が役に立ったらご紹介ください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • お世話になっております。
    SANGO公式です。
    もし良ければなのですが、SANGOとの比較についてですが以下の部分については内容を修正いただけないでしょうか?

    – 11,000円+4,980円(PORIPU)
    → 現在ではインフィード広告やABテスト、クリック率測定などの収益化機能が揃っているため、SANGO単体でも収益化の面で十分に実用性があると思います。

    – CSSやショートコードが必要
    → ショートコードはブロックエディターで全て実現可能です。またCSSが必要なのはどのテーマにも当てはまるかと思います。またCSSがなくてもある程度カスタマイズ可能にするためブロックの内容をそのままコピペできるSANGO Landというサービスをリリースしていたりします。
    https://www.sangoland.app/

    – カテゴリーページをいじれない
    → カテゴリーページはブロックエディターで編集可能です。
    https://saruwakakun.com/sango/category-top-customize

    大変お忙しいとは思いますが、もし良ければ修正していただければ嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    • ご指摘いただきありがとうございます。
      古い情報が含まれていたようで大変失礼いたしました。
      1点だけ、「CSSが必要なのはどのテーマにも当てはまる」というわけではないと思っています。
      SANGO Landについては分類が微妙な機能ですが、ご指摘を踏まえて記載方法を修正いたしました。

  • お忙しい中、早速修正いただきありがとうございます。

    自分の好みのデザインにしたいのであればCSSは必要かなと思っています。(例えば、可愛い雰囲気からスタイリッシュな雰囲気にしたいなど)
    もちろん、SANGOのデザインをそのまま使いたい方であればCSSは不要です。

    よろしくお願いします。

コメントする

目次