MENU
無料でプレスリリース「ブロググ」
WP-Search
WordPressサイト解析「WP-Search」
WP-Search

GoogleアナリティクスのWordPress設定方法とGA4移行【SWELL他】

この記事では、「Googleアナリティクス」をWordPressに導入する方法を、画像を用いてわかりやすくご紹介します。

新しくサイトを作った人は、Googleサーチコンソール」の前に設定します。

トラッキングID(測定ID)は、テーマ機能やプラグインで設定できます。

suya

実はUAからGA4に移行すれば両方使えます。

なるほどくん

なるほど!やり方を参考にします。

この記事でできること
  • Googleアナリティクス(UA/GA4)に登録できる
  • Googleサーチコンソールと連携できる
この記事を書いた人

suya @suyasite

この記事を最後まで読めば、WordPress(ワードプレス)で「Googleアナリティクス」の導入がすぐ完了します。

ぜひ最後まで進めてみてください。

Googleアナリティクスも、Googleサーチコンソールも、サイトマップも、詳しい説明抜きにとりあえず登録したい場合は、以下の記事をご覧ください。

すでに途中まで進めている人は、目次から該当箇所に飛ぶこともできます。

目次

Google アナリティクス(Google Analytics)とは

Google アナリティクス(Google Analytics)は、Googleが提供するアクセス解析サービスです。

GA」と省略して呼ぶこともあります。

Googleアナリティクス でできること
  • リアルタイムの閲覧者数がわかる
  • ユーザーの属性情報がわかる
  • 集客の流入経路がわかる
  • サイト内のユーザーエンゲージメント(行動)がわかる
  • 収益化(コンバージョン)の達成状況がわかる

これまでUA(ユニバーサルアナリティクス)が主に使用されていましたが、2023年7月1日から廃止・終了になるということで、現在はGA4(Google アナリティクス 4)が徐々に広まっています。

2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

Googleアナリティクス画面

アクセス解析ツールとしては、他にAdobeが提供する「Adobe Analytics」があります。(法人企業向け)

UAとGA4の違い

UA(ユニバーサルアナリティクス)GA4(Google アナリティクス 4)の違いについて比較してみましょう。

スクロールできます
比較項目UAGA4
リアルタイム表示対象過去5分間過去30分間
エンゲージメント回数ユーザーあたりのセッション数エンゲージのあったセッション数(1 ユーザーあたり)
エンゲージメント時間滞在時間エンゲージメント時間
エンゲージメント率直帰率エンゲージメント率
イベント指標一部ヒートマップツールが必要first_visit(新規ユーザー)
session_visit(セッション)
page_view(ページビュー)
user_engagement(エンゲージメント)
view_search_results(サイト内検索)
scroll(スクロール)
click(クリック)
トラフィック詳細参照元セッションソース
ページ表示URLタイトル
最大データ保持期間50ヶ月14ヶ月
GDPR非対応対応
  • GA4はUAよりもリアルタイム表示の対象期間が長いため、見た目上数字が増えて見えます。
  • GA4でいうエンゲージメントとは、①セッションが10秒以上、②コンバージョンが1件以上、③ページビューが2件以上、で評価されます。
  • GA4では、ページがURLではなくタイトルで表示されるため、見た目上わかりやすくなりました。
suya

UAとGA4の一番大きな違いは、新たなイベントを取得できるようになったことです。

UAとGA4はどちらを使うべきか?

GA4UAからかなり変更されており、現状使いやすい状況ではありません。

一方で、データ移行もできないため、いつまでもUAを使い続けるわけにもいきません。

そのため、UAとGA4どっちを使うべきか悩む人が多いはずです。

suya

実は、UAとGA4を簡単に両方使う方法があります。

STEP

UAのトラッキングコード(トラッキングID)をサイトに設置します。

STEP

UAのトラッキング(コードトラッキングID)を使ってGA4に移行します。

GA4設定アシスタントを利用することで、UAで設置したトラッキングコード(トラッキングID)を変更せずに、そのままGA4を使用開始することができます。

これにより、トラッキングID(測定ID)を1つ設置するだけで、UAもGA4も使うことができます

1) Google アナリティクス(UA)に登録

事前)Gmail(Googleアカウント)の作成

Googleサービスの利用には、Googleアカウントが必要になります。

Gmail(Gメール)アドレスを持っていない人は、以下のページを参考にアカウントを作成してください。

1) 公式サイトにアクセス

Google アナリティクス(Google Analytics)の公式サイトにアクセスします。

Google アナリティクス(Google Analytics)

\ 登録開始 /

2) アカウントを登録

Googleログイン画面が表示された場合は、Googleアカウントでログインしてください。

複数のGoogleアカウントを持っている場合は、右上のアイコンから登録したいアカウントに切り替えられます。

以下の画面が表示されたら、[測定を開始]ボタンをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録を開始
[測定を開始]をクリック

アカウント名を入力して[次へ]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(アカウント名)
アカウント名を入力して[次へ]をクリック

アカウント名は、まとめて管理したい事業の名称です。

  • 法人企業であれば、会社名や部署名などを設定します。
  • 個人副業であれば、サイト名やドメイン名などを設定します。

プロパティ名、タイムゾーン、通貨を設定して[詳細オプションを表示]します。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(プロパティの設定)
プロパティ名、タイムゾーン、通貨を設定して[詳細オプションを表示]

プロパティ名は、一つ一つのサイトの名称です。

  • 法人企業であれば、コーポレートサイトやECサイトなどのサイト名やドメイン名を登録します。
  • 個人副業であれば、ブログやポートフォリオサイトなどのサイト名やドメイン名を登録します。

[ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成]のトグルをONにして、各項目を設定して[次へ]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成)
[ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成]をON

ここでは、UA(ユニバーサル アナリティクス)を利用する方法で進めます。

「Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」を選択した場合、トラッキングコード(トラッキングID)がGA4バージョンになるため、テーマ側がGA4に対応している必要があります。

業種、ビジネスの規模、利用目的を選択して[作成]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(ビジネス情報)
業種、ビジネスの規模、利用目的を選択

同意画面で[日本]を選択し、チェックして[同意する]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(利用規約)
[同意する]をクリック

メール配信の設定画面が開いたら、[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録画面(メール配信設定)
自分のメール配信

3) トラッキングID(測定ID)をコピー

UAのアカウント作成が完了したら、トラッキング ID(測定ID)をコピーしておきます。

テーマによっては、HTMLタグ全体をコピーします。(後述)

Google Analytics(アナリティクス)のアカウント登録を完了(トラッキングID)
測定 IDをコピー

2) WordPressでトラッキングID(測定ID)を設定

ここでは、プラグイン「SEO SIMPLE PACK」で、GoogleアナリティクストラッキングID(測定ID)を設定する方法を解説します。

SEO機能付きのテーマを使用している場合は、以下を参考にしてください。

テーマ設定箇所
SWELLSEO SIMPLE PACKを利用
Cocoon[Cocoon設定]→[アクセス解析・認証]タブ→[Google AnalyticsトラッキングID]
SANGO[外観]→[カスタマイズ]→[詳細設定]→[Google Analytics]
JIN:R (注)[JINR設定]→[計測タグ設定]→[Googleアドセンスの設置タグ]
JIN (注)[HTMLタグ設定]→[head内]
AFFINGER[AFFINGER 管理]→[Google・広告 / AMP]→[アナリティクスコード]
OPENCAGE
(STORK19など)
[外観]→[カスタマイズ]→[アクセス解析コード・headタグ]→[GoogleAnalytics]
THE THOR[外観]→[カスタマイズ]→[基本設定]→[アクセス解析設定]→[Google AnalyticsのトラッキングID]
Diver[Diverオプション]→[基本設定]→[Google Analytics設定]→[トラッキングID]
賢威 (注)[賢威の設定]→[賢威の設定]→[Googleアナリティクスタグ]
TCD (注)[TCDテーマ]→[基本設定]→[カスタムスクリプト]
LIQUID PRESS[外観]→[カスタマイズ]→[Googleアナリティクス]→[トラッキングID]
Lightning[外観]→[カスタマイズ]→[ExUnit 設定]→[Google Analytics設定]→[Google AnalyticsのID]
Snow Monkey[外観]→[カスタマイズ]→[SEO/SNS]→[Google Analytics]→[トラッキング ID]
Nishiki Pro[外観]→[カスタマイズ]→[Nishiki Proオプション]→[アナリティクス]→[トラッキング ID]

(注)印のテーマは、トラッキングID(測定ID)だけでなく、HTMLタグ全体を貼り付けします。

SEOプラグインは、シンプルで使いやすい「SEO SIMPLE PACK」がおすすめです。

SEOプラグインとしては、「All in One SEO Pack」もありますが、初心者にはおすすめできません。

  • 多機能すぎて、サイトが重くなり、ページ表示速度が遅くなって、SEOにも悪い
  • 多機能すぎて、設定が複雑で、他のプラグインと機能が重複(バッティング)して不具合も多い

ちなみに、当サイトでも、デザインテーマ「」を利用しています。

\ 導入するだけ簡単おしゃれ /

1) 「SEO SIMPLE PACK」をインストール

WordPress(ワードプレス)にログインしたら、左メニューの[プラグイン][新規追加]をクリックして、[プラグインの検索]をします。

WordPress(ワードプレス)のプラグインを検索して新規追加
[プラグイン]→[新規追加]から、[プラグインの検索]

SEO SIMPLE PACK」を検索して、[今すぐインストール]した後に[有効化]します。

WordPressプラグイン「SEO SIMPLE PACK」のインストール
「SEO SIMPLE PACK」をインストール・有効化

以上で、SEOプラグイン「SEO SIMPLE PACK」のインストール・有効化は完了です。

2) トラッキングコードを設定

左メニューの[SEO PACK][一般設定])をクリックして、設定画面の[Googleアナリティクス]タブを開きます。

コピーしておいたトラッキングID(測定ID)をペーストして[設定を保存する]をクリックします。

WordPressプラグイン「SEO SIMPLE PACK」のGoogleアナリティクス設定(トラッキングID)
コピーしておいた測定 IDを設定

3) トラッキングID(測定ID)の動作を確認

スマホなどから自分のサイトにアクセスして、Google アナリティクス(UA)のリアルタイムユーザーが1人になれば動作確認が完了です。

Google Analytics(アナリティクス)のリアルタイム表示
リアルタイムユーザーが1人

PCブラウザからアクセスした場合、管理者ユーザーのアクセスが除外されることがあります。

「データ収集がウェブサイトで有効になっていません。タグが適切に設定されていることをご確認ください。」と表示される場合

「データ収集がウェブサイトで有効になっていません。タグを実装してから 48 時間以上経過している場合は、タグが適切に設定されていることをご確認ください。」と表示されることがあります。

これは、GoogleアナリティクスのトラッキングID(測定ID)が適切に設定されていない場合に表示されます。

再度設定を見直してみてください。

SEO SIMPLE PACK」プラグインのその他の設定項目については、以下を参考にしてください。

3) Google アナリティクス(UA)の最低限必要な初期設定

1) ユーザー属性レポートを有効化

Googleアナリティクスにアクセスしたら、左メニューの[管理]から[プロパティ設定]を開きます。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定を開始
[管理]から[プロパティ設定]を開く

ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をONにして[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のプロパティ設定(ユーザー属性レポートとインタレストカテゴリレポートの有効化)
「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をON

これで、ユーザー属性(年齢、性別)やインタレスト情報(興味、購買意向)が確認できるようになります。

データは、Googleによる推定値です。

2) サイト内検索を設定

左メニューの[管理]から[ビューの設定]を開きます。

Google Analytics(アナリティクス)のビュー設定を開始
[管理]から[ビューの設定]を開く

サイト内検索を設定して[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のビュー設定(デフォルトのページ、サイト内検索)
サイト内検索を設定

これで、サイト内検索のキーワードも追跡(トラッキング)できるようになります。

サイト内検索は、ウィジェットなどで設置することができる機能です。

WordPress(ワードプレス)では、検索結果のページURLは、以下のようになっています。

https://ドメイン名/?s=検索キーワード

クエリパラメータに「s」と設定することで、サイト内検索の検索キーワード(クエリ)を集計することができます。

4) Google アナリティクス(GA4)に移行

登録済みのUA(ユニバーサルアナリティクス)はそのままに、GA4(Google アナリティクス4)に移行する方法を見ていきます。

1) UAからGA4に移行(GA4設定アシスタント)

GA4に移行したいサイトのアカウント(プロパティ)を開きます。

画面上にお知らせバーが表示されている場合は、[開始]をクリックしてください。

お知らせバーが表示されていない場合は、左メニューから[管理]を開いて、[GA4 設定アシスタント]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行を開始
[GA4 設定アシスタント]を開く

GA4設定アシスタントを開いたら、[はじめに]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行アシスタントを開始
[はじめに]をクリック

既存のグローバル サイトタグを使用してデータ収集を有効にします。タグのカスタマイズは移行できないため、データ収集に影響することがあります。」というオプションをONにしたまま[プロパティを作成]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行アシスタントで追加
オプションをONにしたまま[プロパティを作成]をクリック

「既存のグローバル サイトタグを使用してデータ収集を有効にします。」のオプションは、これまで利用してきたUAのタグ(トラッキングID)をそのまま流用できるオプションです。

サイト側の新たなタグ設置作業が不要になり、トラッキングコードが1つでよくなるため、ONがおすすめです。

[プロパティを作成]したら、[GA4プロパティに移動]をクリックして、新たに追加されたGA4プロパティ画面に移動します。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行アシスタントを完了
[GA4プロパティに移動]をクリック
「既存のグローバル サイトタグを使用してデータ収集を有効にします。」のオプションをONにできない場合

サイト側で「gtag.js」タグではなく古い「analytics.js」タグを使用している場合はオプションを選択できません。

自分でGA4用のトラッキングID(測定ID)を設置する必要があります。

GA4に移動したら、左メニューの[データストリーム]を開き、GA4のデータストリームをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行(データストリーム)
[データストリーム]を開き、GA4のデータストリームをクリック

表示された[測定ID]をコピーしておきます。

Google Analytics(アナリティクス)のGA4移行(測定ID)
[測定ID]をコピー

WordPress側でトラッキングID(測定ID)を設置すれば完了です。

5) Google アナリティクス(GA4)の最低限必要な初期設定

1) Google シグナルのデータ収集を有効化

Googleシグナルを有効化することで、ユーザー属性情報などを取得することができるようになります。

GA4プロパティに移動したら、[データ設定][データ収集]を開き、Google シグナルのデータ収集の[設定]ボタンをクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のシグナル設定(開始)
[データ設定]→[データ収集]から、Google シグナルのデータ収集の[設定]をクリック

[続行]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のシグナル設定(概要)
[続行]をクリック

ページ下部の[有効にする]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のシグナル設定(有効化)
[有効にする]をクリック

ページ下部の[確認しました]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のシグナル設定(確認)
[確認しました]をクリック

プライバシーポリシーの設置がまだの場合は、以下の記事を参考にしてください。

2) データ保持期間を変更

GA4では、データ保持期間の初期設定(デフォルト設定)が2ヶ月になっているため変更が必要です。

[データ保持]を開き、[イベントデータの保持]14か月に変更して[保存]をクリックします。

Google Analytics(アナリティクス)のデータ保持設定
[データ保持]から、[イベントデータの保持]を14か月に変更して[保存]

3) トラッキングID(測定ID)の動作を確認

スマホなどから自分のサイトにアクセスして、Google アナリティクス(GA4)のリアルタイムユーザーが1人になれば動作確認が完了です。

Google Analytics(アナリティクス)のリアルタイム表示確認
リアルタイムユーザーが1人

PCブラウザからアクセスした場合、管理者ユーザーのアクセスが除外されることがあります。

6) Googleサーチコンソールと連携

1) Googleサーチコンソールに登録

Googleアナリティクスに登録したら、次はGoogleサーチコンソールに登録します。

2) アナリティクスとサーチコンソールを連携

GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの連携は、Googleアナリティクスから行います。

7) プライバシーポリシーを設定

Googleアナリティクス(Google Analytics)を利用する場合、プライバシーポリシーにCookie(クッキー)の使用を明記する必要があります。

この記事のまとめ

Googleアナリティクス(Google Analytics)の導入のやり方を見てきました。

これで、サイト(ブログ)のアクセス数を確認・改善する準備ができました。

なるほどくん

意外と簡単にできました。

よくある質問(FAQ)

Googleアナリティクスに登録しないとどうなりますか?

アクセス解析ツールを導入しないと、サイトのアクセス数(ユーザー数、PV数など)が確認できません。

どの記事がどのくらいアクセスがあるかわからない状態では、ユーザーに合わせたコンテンツは制作できません。

GA4(Google アナリティクス 4)とUA(ユニバーサル アナリティクス)はどちらがおすすめですか?

GA4(Google アナリティクス 4は新バージョン、UA(ユニバーサル アナリティクス)は旧バージョンです。

簡単に両方使う方法がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

Googleアナリティクスのアカウント名とプロパティ名は何を設定すればいいですか?(法人企業の場合)

アカウント名は事業の名称で、プロパティ名はサイトの名称です。

法人や企業であれば、アカウント名は会社名や部署名、事業名や商品名などが当てはまります。

プロパティ名は事業に属するサイト名やドメイン名を設定します。

Googleアナリティクスのアカウント名とプロパティ名は何を設定すればいいですか?(個人副業の場合)

個人の副業や個人事業主であれば、「事業=サイト」であることも多いでしょう。

その場合は、「アカウント名=プロパティ名」として、サイト名(ドメイン名)を設定します。

Googleアナリティクスを設定したのに、リアルタイムユーザーが「0」のままなのはなぜですか?

PCブラウザからアクセスした場合、管理者ユーザーのアクセスが除外されることがあります。

WordPress管理画面を操作しているのとは別のデバイス(スマホなど)からアクセスしてみてください。

Googleアナリティクスでサイト内検索のキーワードが確認できないのはなぜですか?

サイト内検索のキーワードを集計するには、クエリパラメータを設定する必要があります。

WordPress(ワードプレス)クエリパラメータは、「s」となっています。

読者の声を紹介させてください

この記事をご紹介いただいた方がいらっしゃいましたら、読者の声として掲載させていただきます。

ぜひご連絡いただければと思います。

この記事が役に立ったらご紹介ください!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • 超超初心者です。どの記事も超超初心者にも分かりやすく、いつもこちらを参考にさせて頂いており、大変ありがたく思っております。さて本題です。UAはそのままにGA4に移行する方法を参考に設定中です。テーマはSWELL、SEO SIMPLE PACKを利用、サイトの中身は今から始める所なので空っぽ状態です(作成中を見られないようにBasic認証設定中です)。GA4設定アシスタントにて作業を進めていたのですが、「既存のグローバルサイトタグを使用してデータ収集を有効にします。」のオプションがONに出来ませんでした。サイト側で「gtag.js」タグではなく古い「analytics.js」タグを使用している場合はオプションを選択できないとの事ですが、SEO SIMPLE PACKでは「gtag.js」を選択しております。他にONにならない原因はありますでしょうか?又、ONに出来ないままGA4のプロパティを作成した場合、表示された測定IDをWordPress側で設置との事ですが、SEO SIMPLE PACKには追加出来ないものと理解しておりますが、その場合はどのような処理をすべきかが分からず困惑しております。こちらにこのような質問をさせて頂くのもはばかられたのですが、web検索しても上手く情報を入手出来ず、コメントさせて頂きました。

    • Basic認証が原因の可能性があります。
      認証を外して試してみてください。

      • Basic認証を外して再度挑戦してみたのですが、やはり「グローバルサイトタグを使用してデータ収集を有効にします。」のオプションがONになりませんでした。他に原因はありそうでしょうか?

        • これ以上は、サイトを見てみないことにはわからないです。
          SEO SIMPLE PACKは測定IDを設定できるので、GA4のみの設定方法などを試してみてください。

          • しばらくはUAのみで対応し、サイトを充実させた後、SEO SIMPLE PACKにてGA4の測定IDのみの設定を行う手段で行こうかと思います。初心者のつたない質問にご返信頂きましてありがとうございました。

コメントする

目次